ナイキが作るシグネチャーモデルの第5弾を発表したC・ロナウド。写真ナイキ

写真拡大 (全2枚)

 スポーツブランドの『ナイキ』が、契約選手であるクリスチアーノ・ロナウドの軌跡を辿るスパイク『CR7シリーズ』の第5弾「Cut to Brilliance (輝きを磨け)」を発表した。
 
 2009年夏、当時の史上最高額だった9400万ユーロ(約120億円)でマンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリーに移籍したC・ロナウドは、新・銀河系軍団の象徴に指名される。8万人以上が詰めかけたお披露目イベントをこう回顧する。
 
「とてもたくさんの人が、スタジアムの中にとどまらず外にも溢れていた。マドリーのパワーを感じる、特別な1日だった」
 
 この巨大な期待にC・ロナウドは、ゴールという結果で応え続ける。50、150、200、250得点などのリーガ最速記録を更新したのをはじめ、得点王もCLで5回、リーガで3回も受賞。マドリーにCL優勝3回、リーガ制覇2回などの栄冠をもたらしてきた。
 
 そんなダイヤモンドのようなC・ロナウドのプレーからインスピレーションを得たのが、新スパイクの「Cut to Brilliance」だ。
 
 白地にダイヤモンドからインスピレーションを得たグラフィックを描き、アッパーのマルチカラーニットもダイヤモンドの様々な色彩を表現。スパイクの内側には立体感をつけたCR7のロゴがグラフィックに手触りを加え、ヒールカウンター部材にはダイヤモンドを上から見たようなグラフィックを用いるとともに、C・ロナウドのマドリー・デビューの日を記してある。
 
 高めの踵には「El Sueño Del Niño(子供の時に夢見たこと)」という、マドリー入団時のC・ロナウドの感慨が書き込まれている。本人はこのスパイクの感想をこう語る。
 
「白いブーツのディテール、色遣い、ダイヤモンド、全て美しくてクールに仕上がっている。みんなが気に入ってくれると確信している」
 
 このCR7第5章「Cut to Brilliance」は、9月29日からnike.comで発売がスタートする。