1995年に公開された「ジュマンジ」のリメイク「JUMANJI: WELCOME TO THE JUNGLE」の最新予告編が公開されました。原作ではボードゲーム「ジュマンジ」での出来事が主人公たちに降りかかるというストーリーでしたが、今作は主人公たちがビデオゲームの世界に入り込むという内容になっています。

JUMANJI: WELCOME TO THE JUNGLE - Official Trailer #2 - YouTube

浜辺をジョギングする二人組。



砂の中から何かを発見します。



持ち帰ってみてみると、「JUMANJI」と書かれたボードゲームでした。



しかし、拾い主は興味を失ったのか、ボードゲームを棚に上げ、そのまま誰にも触られず2年が経過することに……。



打って変わって、場所は高校。



スペンサー・ベサニー・フリッジ・マーサという高校生4人が倉庫の掃除を行っています。



「何だこれ?」と何かを発見したフリッジ。



見つけたのは「JUMANJI」というテレビゲーム。ゲームをプレイするにはまずキャラクターを選ぶ必要があるとのこと。



「やる?」と声をかけられたベサニーは……



「テレビのスクリーンに人生の時間を費やしたくないの」とスマートフォンを触りますが、結局はいやいやながらもゲームをプレイすることに。



しかし、スペンサーがコントローラーを触っていると……



突如、体が分解され、テレビの中に吸い込まれていきます。



ジャングルの奥地に落下していくスペンサー。



上空から落下したにも関わらず、なんと無事着地。



しかし、平凡な男子高校生だったスペンサーはなぜか、筋骨隆々のザ・ロックことドウェイン・ジョンソンの姿に。「髪はどこに行ったんだ……」と呆然とします。



同じく、フリッジも吸い込まれ……



こんな姿に。



マーサは……



「別人の体に入ってる!」と大混乱。



そしてベサニー。



ベサニーの体も浮き上がってきました。



「見ちゃだめだ!」というフリッジのかけ声を振り切り、川へと向かうベサニー。



「なんで私はデブの中年男性なのよ!?」と発狂寸前。



「ねえ待って……」と声を上げるベサニーに注目する面々。



「私の電話はどこなの?!」



……が、混乱している暇もなく、野生のカバが襲ってきました。



「泣いちゃだめだ、泣いちゃだめだ……」とスペンサー。



そしてスペンサーは、ジャングルの中で「自分がゲームで選んだキャラクターになっているのだ」ということに気づきます。





車が乗り込んできました。



「JUMANJIにようこそ!」と謎の男性。



ゲームの世界には猛獣の形をした岩があり……



断崖絶壁を移動すると……



山の傾斜を利用した街にたどり着きます。



腕を確認するスペンサーたち。



腕の内側に刻まれていたのは3本のライン。これが各キャラクターのライフの残量を示しています。



それぞれのキャラクターにはスペシャルスキルが備わっている模様。例えばスペンサーは恐れのなさ・スピード・クライミングなどの強みがあり、一方で弱点はなし。



そしてフリッジの弱点はなぜか「ケーキ」



現実世界ではインドア系に見えたマーサも、ゲームの中ではばったばったと敵を倒していきます。





見るからに悪そうなグループに命を狙われ……



アレックスと名乗る男性に窮地を救われます。





しかし、至るところにトラップが満載。





ヘビの入ったカゴを開けてしまい……



びびりまくるスペンサー。



「たぶん、これはヘビと見つめあわなければいけないんだと思う」とベサニ−。降りかかる試練を4人で乗り切ろうとしますが……



これみよがしにまばたきをして自分のターンが回ってこないようにするフリッジ。



そしてヘビはマーサへと襲いかかります。





サイの群れから逃げるフリッジ。



バイクや象を乗り回し、銃弾の中を駆け抜けるなど、アクションに次ぐアクション。

















しかし、街で食べ歩きをしていたフリッジが自分の食べているものについて「これは何?」と店主に尋ねると……



「パウンドケーキ」



「ケーキってあなたの弱点じゃないの?」



慌てて自分の様子に変なところがないが確認しますが、特に見た目の変化はない様子。



安心したメンバーたちですが……。



このあとフリッジの身に何が起こるのかはムービーを見るとわかります。なお、JUMANJI: WELCOME TO THE JUNGLEの公開日は全米が2017年12月20日(水)で、日本での公開日については記事作成時点で未定です。