株式会社ジンズ(JINS)は20日、電車とのコラボメガネの第2弾として、山手線の新型車両とコラボした「E235系×JINS made in SABAE」モデルの発売を発表した。発売は11月9日からで、JINSオンラインショップと一部店舗で数量限定発売する。

本モデルは、山手線新型車両E235系とのコラボモデル。車両を製造する工程の窓枠切り抜き加工で生じたステンレス「SUS301L」の端材をメガネに再利用。一般的ステンレスより硬くて丈夫なステンレスは、フロント部分の母材として使われている。

ツルの部分には限定モデルの証であるシリアルナンバーが入り、さらに、JR東日本、総合車両製作所、E235のロゴが入り、鉄道ファンにとってはたまらないデザインとなっている。

また、耳にかかるモダン(先セル)の内側は山手線の象徴的なラインカラー「ウグイス色」を配し、外側には山手線新型車両の特徴であるスクエア型グラデーションがあしらわれている。


各部デザイン

さらに、付属品も山手線尽くしで、ケースは実際の座席の布を使用し、メガネふきは山手線の車体正面をイメージしたデザインとなっている。


ケースとメガネふき

フレームは3タイプが揃い、角に丸みのあるスクエアタイプの「クハ」、ブロータイプの「モハ」、山手線の環状をモチーフにしたラウンドタイプの「サハ」(オンライン限定モデル)となっている。価格は各2万円(税込)。


各タイプ

なお、本製品は、10月7・8日開催の「第24回鉄道フェスティバル」で各日200本の先行限定発売を行う。

「E235系×JINS made in SABAE」
URL:https://www.jins.com/jp/st/e235/
2017/09/21