平昌冬季五輪・パラリンピックのエンブレム(組織委員会提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国で来年開催される平昌冬季五輪・パラリンピックの組織委員会が、ソウル市、京畿道、開催地の江原道と組み日本で大々的な大会PRを行う。

 組織委は21日、李熙範(イ・ヒボム)組織委員長とソウル市の柳ギョン基(リュ・ギョンギ)行政第1副市長、京畿道の姜得求(カン・ドゥック)副知事、江原道の崔文洵(チェ・ムンスン)知事が東京ビッグサイトで開催される旅行・観光の大規模イベント「ツーリズムEXPOジャパン2017」(21〜24日)に参加すると伝えた。23日に3市・道主管のメディアカンファレンスを行い、現地メディアを対象に平昌五輪の準備状況を説明する。

 メディアカンファレンスにはNHKやフジテレビ、朝日新聞など30の報道機関から40人ほどの取材陣が参加すると見込まれる。

 また、4氏は会場で3市・道の観光などをPRする「トークコンサート」に出席し、平昌五輪を紹介する予定だ。トークコンサートには元フィギュアスケート世界女王の安藤美姫さんが出席するほか、韓国の男性グループSUPER JUNIOR(スーパージュニア)メンバーやガールズグループT-ARA(ティアラ)のK―POPコンサートも行われる。