レクサスのDセグメント・プレミアム2ドアクーペ『RC』の高性能モデル『RC F』にカモフラージュが施されたテスト車輌をキャッチしました。

捉えた車両は、フロントにリップスポイラー、リアフェンダーの後ろにエアアウトレット、リアデュフューザー、新デザインのリアバンパーが見られ、「RC F」のさらなる高性能モデル『RC Fスポーツ』(仮称)であるとレポートされています。

ボンネットの下には、最高出力477psを発揮する5リットルV型8気筒エンジンに代わる4リットルV型8気筒エンジンが搭載されている可能性があるといい、最高出力は550psとも予想しています。

10月の東京モーターショーでのお披露目が期待できそうです。

(APOLLO)

レクサスRC Fにさらなる高性能モデルの情報。600馬力、4リットルV8搭載で東モデビュー!?(http://clicccar.com/2017/09/21/512767/)