ゴールを決め、ガッツポーズで喜ぶマルシャル

写真拡大

[9.20 カラバオ杯3回戦 マンチェスター・U 4-1 バートン]

 カラバオ杯(リーグ杯)3回戦が20日に行われ、前回王者のマンチェスター・ユナイテッドはバートン(2部相当)に4-1で快勝。連覇に向けて好スタートを切った。4回戦ではスウォンジーと戦う。

 試合後、英『スカイスポーツ』でジョゼ・モウリーニョ監督が語った内容をクラブ公式が伝えている。「選手たちの献身的な姿勢に最も満足している。彼らは真剣に戦った。結果は快勝だが、2-0、3-0になるまで選手たちは勝負を決めにいっていた」と選手たちを称えた指揮官は「次のラウンドに進出する意欲、プロフェッショナリズム、献身性は非常に大事だ」と語った。

 またこの日の試合で先制点を含む2得点と結果を残したのはFWマーカス・ラッシュフォードだったが、誰よりも存在感をみせたのはFWアントニー・マルシャルだった。前半36分に3-0とするゴールをお膳立てすると、後半は“マルシャル劇場”。後半15分にラッシュフォードのリターンを受け、中央突破から右足で決めたほか、惜しくも追加点とはならなかったがポストをかすめるFKも放った。

 モウリーニョ監督は「アントニー・マルシャルは今日の試合で見せたかったことがあった。その内のいくつかは素晴らしかった。上手くいかない部分もあったが、彼はトライした。ピッチ上で力を尽くし、幸せそうだったことが重要だ」と言及した。


●プレミアリーグ2017-18特集