ドルトムントの新星、クラブ通算3000得点目に喜び露わ「2日遅れの誕生日プレゼント」

写真拡大

香川がブンデス日本人最多得点記録に並んだ一方、19歳MFプリシッチがメモリアル弾

 ドルトムントは現地時間20日の敵地ハンブルガーSV(HSV)戦で、日本代表MF香川真司の今季初先発・今季初ゴールとなる先制点を皮切りに3得点を奪って3-0の勝利を収めた。香川がFW岡崎慎司(レスター・シティ)に肩を並べるブンデスリーガ日本人最多得点記録(37点)に並んだ一方、アメリカ代表の新星MFクリスティアン・プリシッチはクラブの歴史に名を刻むメモリアルな得点を挙げていた。

 前半24分、FWアンドレイ・ヤルモレンコのFKからDFエメル・トプラクが頭で合わせたボールを足元に収めた香川がゴール至近距離からネットを揺らして均衡を破った。後半18分にはFWオーバメヤンが追加点。さらに同34分にはMFマフムード・ダフードとのパス交換からペナルティーエリア内に侵入したプリシッチが右足でゴール左隅に蹴り込んだ。

 ブンデスリーガ公式サイトは香川がこの試合でブンデスリーガ通算得点数を37に伸ばし、日本人の選手のリーグ最多タイ記録に到達したことを伝えている。それと同時に、クラブとしても大きな記録を打ち立てていたこともレポートしている。

 同サイトによれば、チーム3点目のプリシッチのゴールはドルトムントにとってリーグ通算3000得点という節目を飾るものだったという。ブンデス公式ツイッターは「2,998…2,999…3,000! BVB(ドルトムント)の歴史でランドマークとなるゴールを決めたのは彼らの未来だ」と、18日に19歳を迎えたばかりの逸材の偉業を称えた。

デビューから3季目、通算43試合7得点

 同選手は試合後のインタビューで「ブンデスリーガ3000ゴール目? 2日遅れの素晴らしい誕生日プレゼントだね」と喜びを露わにし、少し遅れて自らの誕生日に花を添える形になった。

 デビューから3シーズン目の若き才能は、この試合を含めてブンデスリーガ43試合出場7得点という記録を残している。ペーター・ボス新監督の下でも出場機会を手にしており、チームの歴史に名を残すに相応しい活躍を示している。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images