19日に開幕した第17回北京航空ショーで中国商用飛機有限責任公司は中核建融資租賃股フン有限公司、華宝都鼎(上海)融資租賃有限公司、中航国際租賃有限公司、農銀金融租賃有限公司の国内企業4社との間で「C919」計130機の売買契約に調印した。

写真拡大

19日に開幕した第17回北京航空ショーで中国商用飛機有限責任公司は中核建融資租賃股フン有限公司(フンはにんべんに分)、華宝都鼎(上海)融資租賃有限公司、中航国際租賃有限公司、農銀金融租賃有限公司の国内企業4社との間で、国産大型旅客機「C919」計130機のの売買契約に調印した。現在、C919の顧客は27社に上り、累計受注数は730機に達する。

【その他の写真】

商用飛機の関連部門責任者は、「今回の契約はC919の初飛行後の最大の売買契約であり、C919が市場と人々に評価され、認められたことを十分に物語るものだ。C919は第1号機が今年5月5日に上海浦東空港で初飛行に成功した後、これまでに次の段階に進む前の滑走路での高速走行テストを2回成功させており、計画では上海で初回検査のテスト飛行が成功すれば、初飛行後の運航許可証を取得する手続きに進む。商用飛機はテスト飛行にテスト機6機を一挙に投入し、第2号機の年内の初飛行実現を目指す計画だ」と述べた。

注目されるのは、商用飛機が今回出展した中国・ロシア共同開発のワイドボディ機のシースルー型3クラス配置モデルは、フランスで行われたパリ航空ショーに続く公開で、初の中国公開だったことだ。このプロジェクトでは基本タイプ機の航続距離は1万2千キロメートル、座席数は280席で、組立は上海で行われることが明らかになっており、年内にシステムの初期技術プランの制定が終わる計画という。(提供/人民網日本語版・編集KS)