記事画像

写真拡大

先日、長男と映画館に行きました。観た映画は「関ヶ原」。8歳児が選ぶ映画とは思えないほどシブいのを要望してきました。

子供が小さいため、最近はほとんどAmazonプライムのビデオ程度しか見ていませんでしたが、ようやく映画館に行けるようになったということで、映画をお得に観る方法を実践できるようになりましたので紹介したいと思います。

今回はクレジットカードやポイントカードの特典を活用する方法にしぼって紹介します。

イオンシネマではdポイントカードやイオンカードがおすすめ

まず、誰でも保有することができるのがdポイントカードです。ドコモの共通ポイントカードですが、auやソフトバンク利用者でも問題なく使えます。このdポイントカードを保有して登録するのがdアカウント。dアカウントにログインすると、「クーポン」というページがあります。

このクーポンを見るとイオンシネマで300円引きクーポンがあることがわかります。窓口で提示すると割引になります。券売機やオンラインでは使えません。通常1800円ですから1500円で映画鑑賞できますね。その他のカードを持っていない場合は、こちらがおすすめです。

同じくイオンシネマでは、イオンカード保有者限定特典もあります。イオンシネマの窓口またはe席リザーブで通常料金のチケットをイオンカードで支払うと300円引き。dポイントカードのクーポンと同じ金額になります。

さらに、毎月20日・30日はなんと1100円。これは映画館での最低価格と言っても良いでしょう。イオンカード保有者なら知っている「20日・30日5%オフ♪」のメロディーはイオンで5%オフだけでなく、映画館も700円引きで観ることができるんですね。

エポス、dカード、ルミネは多くの映画館で利用可能

前回()も紹介したエポスカードのエポトクプラザは、映画館でも利用できます。専用サイトから500円引きでチケットを購入できます。

エポトクプラザは、イオンシネマだけでなく、ユナイテッド・シネマ/シネプレックスも対象。その他、いくつか地域の映画館でも割引対象となりますので、イオンシネマが近くにない場合は見てみましょう。

ドコモのクレジットカード「dカード」を保有していると利用できるスペシャルクーポンは、多くの映画館で割引となります。こちらは最初に紹介したdポイントカードのクーポンとは異なりますので注意してください。

dカードのスペシャルクーポンは事前申し込みで郵送での受け取りとなりますが、109シネマズ&ムービル、TOHOシネマズ、ユナイテッド・シネマ/シネプレックス、シネマイクスピアリ、ディノスシネマズ、アレックスシネマ、OS共通シネチケット、テアトルシネマグループ映画館、フォーラムネットワークなどで500円オフに。さらに、毎週火曜日はイオンシネマが1100円。かなりの割引率ですね。

続いてはルミネカードなどで利用できるクラブ・オフ。

こちらも対象の映画館が多く、イオンシネマ、ユナイテッド・シネマ/シネプレックス、109シネマズ&ムービルだけでなく、MOVIX&松竹系映画館、T・ジョイ専用劇場、テアトルシネマグループ映画館、ミッドランドスクエア・名古屋空港、コロナワールド、シネマサンシャイン、OSシネチケット、シネマイクスピアリ、ヒューマックシネマ、アレックスシネマ、ディノスシネマズも対象に。割引額はそれぞれ異なりますが、500円オフが多くなっています。

dポイントカード、dカード、エポスカード、イオンカードは年会費無料ですので、それぞれの映画館を使う場合は保有してみるのも良いのでは?

映画好きなら保有したい映画館のポイントカード

映画好きなら映画館専用のポイントカードも要チェックです。たとえば109シネマズのシネマポイントカードは入会金が1000円で年会費は無料。TOHOシネマズのシネマイレージカードは年会費が初年度500円、更新時に300円(1年更新)とお金がかかるのがネックですが、映画好きなら持っていて損はありません。

どちらも6回映画を観たら1回無料になる特典があります。また、毎週火曜日はシネマイレージカードの提示で1400円、シネマポイントカードで1300円です。シネマポイントカードの場合、毎月19日は1100円です。