主演ポーリーヌ・エチエンヌの恋のパートをフィーチャー 『ジュリーと恋と靴工場』特別映像

写真拡大

 9月23日に公開される映画『ジュリーと恋と靴工場』より、特別映像と新場面写真が公開された。

動画はこちら

 本作は、『EDEN/エデン』のポーリーヌ・エチエンヌが主演を務めるフレンチ・コメディ・ミュージカル。職もなく、金もなく、彼氏もいない三重苦だった田舎暮らしのジュリーが、かろうじて就職できた靴工場で、たくさんの職人や仲間と知り合うことで自分らしさを見つけていく模様を描く。主人公ジュリーを演じるエチエンヌのほか、『メニルモンタン 2つの秋と3つの冬』のオリヴィエ・シャントローや『ゲンスブールと女たち』のフランソワ・モレルらが出演。本作が長編監督デビューとなるポール・カロリとコスティア・テスチュがメガホンを取った。

 このたび公開された映像は、本作の“恋”の部分をフィーチャーしたクリップ集。主人公のジュリーと、彼女が職場で知り合ったドライバーのサミーが恋に落ちていく様子が切り取られている。最初は名前を間違えられたりバカにされたりと、出会いは最悪だったふたりだが、図らずも靴職人たちのリストラ抗議ツアーに巻き込まれ、自然と距離が近づいていく。しかし、職人たちのストライキが始まったとき、その関係は大きく変わってしまう……。バックには、『ゲンスブールと女たち』の音楽を手がけたオリヴィエ・ダヴィオが作曲を担当したエンド・クレジット曲が流れている。

 あわせて公開された新場面写真には、エチエンヌ演じるジュリーをはじめとした登場人物たちの姿が切り取られている。(リアルサウンド編集部)