志望届の提出の行方がアマ・プロ球界を巻き込んだ大注目となっている早実の清宮幸太郎【写真:Getty Images】

写真拡大

21日時点で高校生47人、大学生28人の計75人が提出

 全日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟が公式サイトで公示しているプロ野球志望届の提出者は、期限(10月12日)まで残り3週間となった21日時点で計75人(高校生47人、大学生28人)に到達。ここまで提出した注目選手を振り返る。

 ドラフト1位候補と評されているのが、立命大の152キロ左腕・東克樹投手だ。今春のリーグ戦で自身2度目のノーヒットノーランを達成。侍ジャパンの大学日本代表として出場した日米大学選手権では最優秀賞を受賞した。実績十分で即戦力左腕を求める球団は、社会人野球のJR東日本・田嶋大樹投手とともにうってつけの存在となる。

 また、上位候補ではU-18野球W杯に高校日本代表として出場した秀岳館(熊本)の左腕・田浦文丸投手、青藍泰斗(栃木)の石川翔投手、柳ケ浦(大分)の田中瑛斗投手、仙台大の155キロ右腕・馬場皐輔投手、岡山商大の152キロ右腕・近藤弘基投手、大学日本代表の4番を担った東北福祉大の楠本泰史内野手らがおり、ドラフト当日も注目を浴びそうだ。

広陵・中村、履正社・安田、そして早実・清宮も…まだ提出していない逸材も多数

 こうしてみると、逸材ぞろいに見えるが、まだまだ提出していないドラフト注目選手は多い。今夏の甲子園で大会新記録の6本塁打を記録した広陵(広島)の中村奨成捕手、高校屈指のスラッガである履正社(大阪)の安田尚憲内野手、大学生では話題性を持つ東大の左腕・宮台康平投手、中大の剛腕・鍬原拓也投手らがまだ公示されていない。

 しかし、最も話題を集めるのが、早実(東京)の清宮幸太郎内野手だろう。大学進学かプロ入りか――。いつ進路を表明するのか、志望届の提出の行方はアマ・プロ球界を巻き込んだ大注目となっている。「出せば確実に今年一番、競合する」(パ・リーグスカウト)という目玉だけに、各球団のスカウトはやきもきしていることだろう。

 ここに名前を挙げた選手以外にも、全国的には無名ながら“掘り出し物”として指名される選手も、毎年注目の一つだ。ドラフト会議は10月26日。高校、大学生はプロ志望届を提出した者だけが指名を受ける権利を得る。果たして、これからどんな逸材が名前を連ね、プロ入り挑戦を表明するのか。ファンにとっては楽しみな日々が続きそうだ。