お付き合いしていくうちに、彼以外の男性に好意を持ってしまうことも時としてあることです。

好きで付き合った彼だから、お別れも上手にしたいですよね。

次第に距離を置く

頻繁に連絡を取って、デートをしていたのなら、まずは彼と距離を置くことから始めましょう。

メールやラインの返信を遅らせてみたり、デートの回数を減らしていきます。

何だか最近そっけないな、距離を置かれているなと思わせるようにして、二人の関係に変化が生じ始めていることを匂わせましょう。

スキンシップを減らしたり、リアクションを薄くしたりするのもいいかもしれません。

彼に興味が無くなってきているということを態度で示してください。

正直に好きな人ができたと告げる

自然消滅を狙っても良いですが、お互いのためにもきちんと話してお別れした方が未来志向です。

その際は「他に好きな人ができたから別れたい」と正直に自分の気持ちを伝えましょう。

ただ別れたい、と言われただけでは相手も漠然として納得できないかもしれません。

また「嫌いになった」と言うと相手をさらに傷つけかねませんので注意しましょう。

相手の悪いところを上げるのではなく、自分の気持ちが冷めてしまったことを伝えましょう。

お互いのために友達に戻る道を

気持ちが向いていないのに、関係を続けるのはお互いにとってプラスにはなりません。

きちんと誠意をもっているからこそ、彼と彼女の関係から一歩戻りたいと伝えましょう。

恋人同士の関係でなくなっても、絶縁したりする必要はありません。

彼でなくなっても、自分のことを理解してくれる他にはいない存在に変わりはないことも伝えておきたいですね。

今まで大切にしてくれたことに感謝して、新しい未来に向き合う姿勢を示しましょう。

おわりに

できれば傷付けたくないけれど、なかなかそうはいかないのが別れ話です。

他に好きな人ができた場合は、素直に気持ちが移ろったことを告げるのが一番でしょう。

下手に音信不通になったり怒らせたりしないで、誠意をもって向かい合うことが大切です。

(愛カツ編集部)