20日、海外網は「高過ぎると話題の名古屋のレゴランド、『中国人に来てもらおう』の声」とする記事を掲載した。写真は名古屋の中部国際空港。

写真拡大

2017年9月20日、海外網は「高過ぎると話題の名古屋のレゴランド、『中国人に来てもらおう』の声」とする記事を掲載した。網易が伝えた。

世界で8カ所目のレゴランドが4月1日、名古屋にオープンした。初の屋外型のレゴランドで、開業以来の入場者数は100万人を突破した。

しかし、レゴランドの入場料をめぐっては、日本人の間で「高い。それだけの魅力を感じない」、「食事も高い」などの声が収まらない。逆に「レゴランドが高いのではなく、日本人の所得が下がっているだけでは」などの悲観論も。

一方、レゴランド側は「中国人を呼んで遊んでもらえば、入場者数は維持できるのでは」として、中国人観光客の誘致に積極的だ。レゴランドは敷地面積9ヘクタールに、40以上の娯楽施設を整備。入場料は12歳以下の子ども5300円、13歳以上は6900円となっている。(翻訳・編集/大宮)