同名ゲームを原作としてアンジェリーナ・ジョリー主演で映画化された「トゥームレイダー」のリブート版である「トゥームレイダー ファースト・ミッション」の予告編が公開されました。監督はノルウェー出身のロアー・ウートッグ、主役のララ・クロフト役は映画「エクス・マキナ」の女性型アンドロイド・エヴァ役や、「リリーのすべて」でアイナーの妻ゲルダを演じてアカデミー助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデルが務めます。

映画『トゥームレイダー ファースト・ミッション』予告編【HD】2018年3月公開 - YouTube

森の中を走り抜けるララ・クロフトの姿に「お名前は?」「ララ」というやりとりの音声が重なります。





このやりとりが行われているのは「クロフト社」の受付。



「名字は?」という問いに「クロフト」と答えるララ。



頭上に疑問符が浮かんでいるような表情になる受付の男性。



広い庭園のある屋敷に暮らしていたらしい過去の父とララの姿。



父が遺したというパズルに挑んでいるララ。



「ふたりともよく似てる」



パズルを解くと、中からは鍵が出てきました。





合う鍵穴は、父であるリチャード・クロフト卿の墓の「R」の文字のところにありました。



その扉の先で、ララはビデオカメラを見つけます。



クロフト卿はララに向けて「これを見ているということは、私は死んでいるということだ」というビデオメッセージを残していました。



「ザ・マザー・オブ・デス」と呼ばれる、邪悪な力を持つ墓を見つけたというクロフト卿。





ところが、もしこれが秘密組織「トリニティ」の手に落ちれば、世界は滅びてしまうそうです。



「トリニティを止めると約束してくれ」という父の言葉に、ララは「約束する」と答えます。



トリニティの先手を取るために海路、クロフト卿の見つけた墓へと向かうララ。



目的地はきっとここだと指さしたのは、フィリピンの東あたり。しかし、そこは「魔の海」と呼ばれる海域のど真ん中。



「冒険よ」というララに、船長であるルーは「『死』は冒険なんかじゃない。俺は死にたくない」とイヤな表情を浮かべます。



ルー船長の言葉通り、海は大荒れになって……



ララは嵐の海へ。



命は助かったようですが、捕まっているララ。



「会えて嬉しいよ」と言いつつ、あまり歓迎しているようには見えないのはマティアス・ヴォーゲル。少なくとも、ララと同じように「世界を救う」ために動いているようではなさそうです。



ララはだんだんと遺跡へ、そして謎へと迫っていくことに。





「墓を永遠に封印しろ」



「人類の運命は君に委ねられた」



遺跡で待ち受ける数々の罠や困難をくぐり抜け、ララは父の遺志を継いで目的を達成できるのか。









「トゥームレイダー ファースト・ミッション」(原題:Tomb Raider)は2018年3月公開予定です。



・キャスト&スタッフ

ララ・クロフト:アリシア・ヴィキャンデル

リチャード・クロフト卿:ドミニク・ウェスト

マティアス・ヴォーゲル:ウォルトン・ゴギンズ

ルー・レン:ダニエル・ウー

監督:ロアー・ウートッグ

配給:ワーナー・ブラザース映画

©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.