<アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ ダイヤモンドカップゴルフ 初日◇21日◇カレドニアン・ゴルフクラブ(7,100ヤード・パー71)>
国内男子ツアー「アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ ダイヤモンドカップゴルフ」の初日。2週連続優勝を狙う池田勇太がこの日の競技を終え、イーブンパーで現在47位タイにつけている。
今平周吾、勝利の女神と再タッグ!
地元・千葉での参戦となった池田は、3バーディ・3ボギーで初日をホールアウト。暫定単独首位には10バーディ・1ボギーの9アンダーで高山忠洋がつけている。2打差2位タイには2015年覇者のキム・キョンテ(韓国)、P・タンカモルプラスート(タイ)が続いている。
今季2度目の優勝を狙う今平周吾は、4アンダーで6位タイ、2012年、2014年同大会を制覇した藤田寛之はパー発進でプレー中。国内賞金ランク2位の宮里優作は、1オーバー暫定80位タイと出遅れた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

高山忠洋をマッチプレー巧者に変えた、ジャンボ尾崎のひと言とは?
【特別編】石川遼9位タイのウラで起きていた8打罰の珍事
“ホームコース”で2週連続優勝へ!池田勇太、1年半ぶりの地元V目指す
オッズ5・5倍の池田勇太がV最右翼!アジア・日本共催試合が明日開幕
【WITB】20ヤードの飛距離アップをしながら“最適ギア”を完成させた池田勇太