ユーヴェ、開幕5連勝…マンジュキッチ決勝弾でフィオレンティーナ撃破

写真拡大

 セリエA第5節が20日に行われ、ユヴェントスとフィオレンティーナが対戦した。

 開幕4連勝と上々のスタートを切ったユヴェントス。中2日で迎えるホームゲームでは、GKジャンルイジ・ブッフォンではなくGKヴォイチェフ・シュチェスニーが先発メンバーに名を連ねた。開幕4試合で8ゴールと絶好調のパウロ・ディバラ、マリオ・マンジュキッチ、ゴンサロ・イグアインらも先発出場した。

 ユヴェントスは開始8分、ペナルティーエリア左手前からのFKをディバラが直接狙ったが、枠の外へ。43分にはイグアインがミドルシュートを放ったものの、枠を捉えることができなかった。前半はスコアレスで終了した。

 均衡が破られたのは後半立ち上がりだった。52分、先制したのはユヴェントス。右サイドからのクロスにニアサイドのイグアインが飛び込むと、ボールに触ることはできなかったものの、ファーサイドに詰めていたマンジュキッチがダイビングヘッドを突き刺した。

 リードを奪ったユヴェントスは64分、左サイドから縦へ突破したブレーズ・マテュイディがペナルティーエリア左側で倒され、フィオレンティーナのミラン・バデリが2枚目のイエローカードで退場に。数的優位に立った。

 ユヴェントスは72分にフアン・クアドラードが強烈なミドルシュートを枠に飛ばすなど、10人の相手に攻勢をかけた。追加点こそ奪えなかったが、1−0と完封勝利。開幕5連勝を果たした。

 ユヴェントスは次節、23日にトリノをホームに迎える。一方のフィオレンティーナは24日、アタランタとのホームゲームに臨む。

【スコア】
ユヴェントス 1−0 フィオレンティーナ

【得点者】
1−0 52分 マリオ・マンジュキッチ(ユヴェントス)