アーセナル、ウォルコットの先制点を守りきる…主力温存で4回戦進出

写真拡大

 カラバオ・カップ3回戦が20日に行われ、アーセナルとドンカスター・ローヴァーズが対戦した。

 プレミアリーグ第5節でチェルシーに引き分けたアーセナルは、アレクシス・サンチェスが先発に復帰。ジャック・ウィルシャーもスタメンに名を連ねた。

 5分、アーセナルに決定機が訪れる。ペナルティエリア外でボールを持ったウィルシャーが、ディフェンスラインを抜け出したオリヴィエ・ジルーへ浮き玉のパスを送った。オーバーヘッドシュートを放つも、惜しくもバーに阻まれてしまう。

 それでも、先にチャンスを掴んだのはホームのアーセナルだった。中盤でボールを持ったサンチェスが右サイドから走りこんできたテオ・ウォルコットへ浮き玉のスルーパス。GKとの1対1を冷静に決め、貴重な先制点を挙げた。

 その後も攻め立てたアーセナルだったが、追加点は奪えず。それでも1点を守りきり4回戦へ進出した。次戦はノリッジと対戦する。

【スコア】
アーセナル 1−0 ドンカスター・ローヴァーズ

【得点者】
1−0 25分 テオ・ウォルコット(アーセナル)