ジンズ(JINS)は、総合車両製作所とコラボレーションしたメガネ「E235系×JINS made in SABAE」モデルを11月9日より、JINSオンラインショップと一部店舗で数量限定販売する。10月7日と8日に開催される、「第24回鉄道フェスティバル」でも各日200本を先行販売する。

2015年9月に発売した「電車の素材から生まれたアイウエア」の第2弾。第1弾は即日で完売した。山手線の新型車両E235系の製造工程で生じた端材であるステンレス「SUS301L」を使用したもので、一般的なステンレスよりも硬くて上部だという。製造は福井県鯖江市で行った。

フレームは「クハ」「モハ」「サハ」の3種類で、シリアルナンバーのほか、JR東日本と総合車両製作所のロゴもプリントした。オリジナルケースはE235系の座席に使用されている布地と同じ素材で、E235系のフロント部分を模したオリジナルセリートも用意する。価格はそれぞれ20,000円(税込)。

購入者の中から30名を、総合車両製作所新津事業所の見学ツアーに招待する。応募期間は10月7日から12月25日まで、日程は2018年4月中旬の平日となる見込み。