絶好調のメルテンス、笑っちゃうくらい美しい「長距離ループ」を決める

写真拡大

ミッドウィーク開催となったセリエAの第5節。

ナポリはアウェイながらラツィオを1-4で下し、全勝をキープした。

そんなこの一戦では、絶好調のFWドリース・メルテンスがまたもやゴール。1-2とリードし迎えた59分、ため息が出るような一撃で勝利を決定付けた。

ジョルジーニョからのパスに走り込んだメルテンス。

しかし、ボールはやや長くなりGKトマス・ストラコシャが一度はこれをセービング。しかし、キャッチングに失敗しボールを弾くと、メルテンスが振り向きざまに直接狙う!

ゴールまではかなり距離があったのだが、完璧に狙いすましたシュートにGKは為す術なし…。あまりに美しいループシュートでゴールネットを揺らした。

昨シーズンのセリエAで28ゴールをあげるなど、大暴れしたメルテンス。今季も絶好調を維持しており、5試合に出場し6得点をマークしている。