乾貴士が明かした、日本とスペインの「違い」がおもしろい

写真拡大

エイバルでの3シーズン目を過ごしている乾貴士。

今季ここまでゴールはないが、チームの主力としてラ・リーガの全試合に出場している。

そんな乾が『DAZN』のインタビュー企画に登場!

日本とスペインの違いついて、ちょっと意外な事実を教えてくれた。

乾 貴士(エイバル)

(異国の地、スペイン)

「飯の時間が遅いのと、あと何やろな…。

合宿中もずっと夜は(食事が)9時からなので、お腹空きまくりますよね。

驚いたってほどでもないですけど、結構日本やったらミスチルみたいなゆっくりの曲を聞いたりするじゃないですか。

こっちのやつは結構そういうのを嫌いますね。そういうのは国民性なんやなって思いました」

乾によれば、スペインではスローテンポなバラード系はあまり好まれない様子。流石は情熱の国、スペイン!試合の前は熱い曲に限る?

また、乾はこの企画の中で好きなアーティストにミスチルの他、ゆずやコブクロ、湘南乃風、BERRY GOODMANなどを挙げている。

バルセロナ相手に2ゴールを決めた昨シーズンの活躍についても言及。

本人は意外と冷静であるようだ。