9月18日、2年連続8度目のセ・リーグ優勝を決めて、ベンチから飛び出す広島ナイン。広島は日本シリーズ進出を懸け、10月18日からクライマックスシリーズ最終ステージを戦う(写真:共同通信社)

広島が9月18日の阪神戦(甲子園)に3―2で勝ち、2年連続8度目のセ・リーグ優勝を決めた。連覇は1979、80年以来37年ぶりとなる。

山本浩二、衣笠祥雄、江夏豊らを擁した前回のV2赤ヘル軍団と今のカープではどちらが強いのだろうか。1980年と今季を比較してみたい(今季の成績は全て9月18日現在)。

37年前の「赤ヘル軍団」と今年、どちらが強いのか

打線は今年の方が上と見る。チーム成績を見れば分かりやすい。

1980年は161本塁打こそリーグトップだったが、打率2割6分3厘、544得点、108盗塁はいずれも2位だった。これに対し、今年は攻撃面のあらゆる数字が他球団を圧倒している。

・チーム本塁打=147本。2位はDeNAの119本・チーム打率=2割7分4厘。2位はDeNAの2割5分2厘・チーム得点=706。2位はDeNAの544・チーム盗塁=108。2位は中日の73

すべてダントツ。際立っているのが不動の1〜3番を形成する「タナキクマル」だ。得点が田中広輔101、菊池涼介84、丸佳浩103。3人で288もある。

打率は田中から2割8分9厘、2割7分6厘、3割8厘とさほどでもないが、出塁率は同じく3割9分7厘、3割1分4厘、3割9分8厘に跳ね上がる。田中は86四球に13死球、丸は80四球に4死球。ボールをしっかり見極め、体を張って後ろにつないでいるのである。

いずれも俊足。田中がリーグトップの32盗塁をマークすれば、菊池は7、丸は13盗塁。ヒットエンドランも絡めてチャンスを膨らませる。DeNAのラミレス監督が「瞬きする間に点を取られているような素晴らしい打線」と嘆息するわけだ。

そして4番は23歳の鈴木誠也。40歳の新井貴浩に代わって4月11日の巨人戦(東京ドーム)から広島68代目の4番に座り、打率3割ちょうど、26本塁打、90打点をマークした。

8月23日のDeNA戦(横浜)で右中間の飛球をジャンプして捕り、着地した際に右足首を痛めた。右脛骨内果剥離骨折、三角靱帯損傷で全治3カ月の重傷。その穴は32歳の松山竜平がしっかり埋めた。17試合4番に座り、62打数27安打、打率4割3分5厘、4本塁打、20打点。代役というのが失礼なような成績である。

タナキクマルと同学年で28歳の安部友裕も正三塁手の座をつかんで打率3割9厘をマーク。ドミニカ共和国のカープアカデミー出身で昨年、育成選手として入団したバティスタもブレークした。6月2日に支配下選手登録されると初打席から2打席連続本塁打。優勝を決めた一戦では2―2の8回1死一、二塁から決勝の左前タイムリーを放った。

控えに回った「新井さん」も97試合に出場して2割8分8厘、9本塁打、46打点。7月7日のヤクルト戦(神宮)では代打で逆転3ランを放って存在感を示した。

1980年の打線で不動のスポットは38盗塁で2年連続盗塁王に輝いた1番・高橋慶彦と、44本塁打、112打点で2冠の4番・山本浩二、そして7番・デュプリー。衣笠はライトルや水谷実雄との兼ね合いで2番、3番、5番、6番と打順が動いた。

カープ打線には安定感がある

上位打線が足を絡めてチャンスをつくり、中軸で還すという攻撃パターンは同じだが、打線の安定感、選手層の厚さという点では今年の方が上回る。

一方、投手陣は1980年も今年も突出していたわけではない。前回のチーム防御率3・37は巨人2・95、ヤクルト3・17の後塵を拝するリーグ3位。今年も今のところ3・37で3・27の巨人を上に見る2位だ。

今年は昨年までともに4勝しかしていない25歳の藪田和樹が14勝、23歳の岡田明丈が12勝。26歳の大瀬良大地、九里亜蓮がともに9勝を挙げている。未勝利だった22歳の中村祐太も4勝している。

いずれも「男気」黒田博樹の背中を見て育ってきた若手が、昨季10勝を挙げた黒田の穴ばかりか、昨季15勝で沢村賞に選ばれながら目下6勝のジョンソン、同じく16勝で最多勝に輝いた野村祐輔が9勝止まりというマイナス分まで埋めたのである。

リリーフ陣も調子が上がらない中崎翔太の代わりに抑えを務めた今村猛をはじめ一岡竜司、中田廉、ジャクソンらが頑張った。

5月6日の阪神戦(甲子園)では9―0から逆転負けを食らい、8月22日からのDeNA3連戦(横浜)では3試合連続のサヨナラ負け…。ショックが尾を引きがちな敗戦もチーム一丸となって克服した。

1980年に活躍した主な投手は先発が福士敬章15勝、山根和夫14勝、北別府学12勝、池谷公二郎9勝。中継ぎの大野豊が7勝し、ストッパーの江夏豊が9勝21セーブを挙げた。

今年と決定的に違うのは絶対的な守護神の存在だ。孤高の左腕は阪神から南海(現ソフトバンク)に出されて野村克也監督と出会い、「野球界に革命を起こそう」と説得されて抑えというポジションを確立した。野村解任に伴って広島に新天地を求めた。

球史に残る「江夏の21球」が残した伏線

移籍2年目の1979年に9勝5敗22セーブ、防御率2・66でカープ4年ぶりの優勝に貢献。最優秀救援投手賞とともにMVPに選ばれた。近鉄との日本シリーズでは3勝3敗で迎えた第7戦、1点差の9回無死満塁のピンチを切り抜けた「江夏の21球」は今も語り継がれている。

1980年も9勝6敗21セーブ、防御率2・62の好成績でV2に貢献。2年連続最優秀救援投手賞に輝いたが、そのオフ、日本ハムの高橋直樹との交換トレードで広島を去って行った。

伏線は「江夏の21球」にあった。4―3で迎えた9回。ヒット、盗塁、捕手の二塁悪送球が重なって無死満塁のピンチを迎えたときだ。古葉竹識監督は延長戦に備え、池谷公二郎と北別府学の2人をブルペンに走らせた。

それを目の端に留めた江夏は「俺が投げとるのに、なんで2人も行かせるんや。投げる気がせん」と激高。ただならぬ雰囲気を察した衣笠祥雄は一塁からマウンドに足を運び、「ベンチは先のことを考えてやっとるんだろう。おまえが辞めるんだったら俺も辞めるから」となだめた。

気を取り直した江夏は代打・佐々木恭介を三振に取った。1死。続く石渡茂の1ストライクからの2球目だった。三塁走者の動きからスクイズを察した捕手の水沼四郎が立ち上がると、江夏はカーブの握りのまま、外角高めに外した。石渡のバットは空を切り、三塁走者の藤瀬史朗を三本間で挟殺。最後は石渡を三振に取って歓喜の瞬間を迎えた。

絶体絶命のピンチを切り抜けての日本一。江夏にとってはリーグ優勝も日本一も初めてだったが、池谷と北別府をブルペンへ走らせた古葉監督へのわだかまりは消えなかった。

1980年の開幕直前、江夏は広島市民球場で古葉監督に「いい思い出をつくることができましたけど、今年でカープをやめて、また新しいチームに行きたいという気持ちになってきました」と伝えたという。シーズン後の決別を宣言しながら、V2に貢献。さすが仕事人である。

1981年、江夏は日本ハムの後期優勝に貢献。ロッテとのプレーオフも制してシーズンMVPに輝き、「優勝請負人」と呼ばれたが、絶対的守護神を失った広島は大野豊に抑えを託すが、優勝した巨人に6ゲーム差の2位に終わった。

それに対し、今のカープは前田健太(現ドジャース)が抜けた昨年25年ぶりのリーグ制覇を果たし、黒田博樹がいなくなった今年連覇を達成した。

スカウティングと育成。突出した個の力に頼らないチーム作り。中心選手の相次ぐFA流失に耐え、地道に体力をつけてきた結果である。打線を含めた総合力で今のカープの方が強い気がする。

ただ、短期決戦は別物。1979年、1980年の日本シリーズで2勝ずつ挙げて連続日本一に貢献した山根和夫のように大一番に強い投手が今のメンバーの中にいるだろうか。そこは未知数。今年のクライマックスシリーズ(CS)、日本シリーズの楽しみにしたい。

37年前と今年、違うのはチームだけではない

そうそう、大事なことを忘れていた。37年前と今年の大きな違い。観客動員である。

前回は1979年に当時の球団史上最多となる145万4000人(1試合平均2万2369人)を記録しながら、1980年は131万4000人(同2万215人)と10.6%も減った。連覇したのに、である。

今回は昨年の球団史上最多記録、215万7331人(同2万9963人)を上回るペース。主催67試合で205万4489人(同3万0664人)を数え、1試合平均で初めて3万人の大台を超えようとしている。マツダスタジアムの指定席券はビジターパフォーマンス席以外、3月1日の発売から3日で完売。これが限界の数字だ。

マツダスタジアムだけでなく各地のスタンドを真っ赤に染めるファン。そのパワーも加味したら、今のカープの方が断然強い。