安室奈美恵の引退宣言、韓国でも大きく報道…最後のアジアツアーに期待の声

写真拡大

2018年の引退を宣言した安室奈美恵が、アジアツアーを開催する予定だ。

21日、スポーツ報知は「安室奈美恵がこれまでのファンの声援に感謝の気持ちを伝えるため、アジアツアーの開催を準備している」と明らかにした。

安室奈美恵は20日、ホームページを通じて「2018年9月16日に引退する」と電撃引退を宣言し、波紋が広がっている。16日と17日、沖縄でデビュー25周年公演を披露した安室奈美恵は「この25周年という節目の年に決意した事を発表したいと思う。私らしく2018年9月16日を迎えたい」と引退を宣言した。

安室奈美恵の引退の理由は、現在はまだ不明だ。ただ、安室奈美恵が親しい芸能界の関係者に「40歳頃には引退したい」と話していたり、最近京都にある2億円ほどの高級マンションを購入したことが知られるなど、安室奈美恵が引退を決心し、長い間準備してきたことは推測することができる。

残りの1年間、安室奈美恵はこれまでのヒット曲を網羅したベストアルバムを発売する予定だ。1992年にデビューし、2017年までの数々のヒット曲が収録されるベストアルバムは、11月8日に発売される予定だ。また、安室奈美恵は自身を愛してくれたファンの元を訪れ感謝の気持ちを伝えるアジアツアーの開催を希望しており、現在準備に取り組んでいる。所属事務所も安室奈美恵がファンに真心を込めた別れの挨拶をし、歌手人生の華やかなフィナーレを飾ることができるよう、場所や日程などを調整しているという。

特に、安室奈美恵の最後のツアーは日本だけでなくアジア各国を訪問するアジアツアーになるということで、韓国でも安室奈美恵の訪問に対する関心が高まっている。安室奈美恵が訪韓公演を披露したのは2004年の1回だけだ。その後、2015年シャネル(CHANEL) クルーズ・コレクション出席のために、非公式的に韓国を訪問したことがある。

安室奈美恵は1992年にデビューし、日本を代表する女性ソロ歌手として、日本はもちろん世界的に高い人気を得た。