ハンブルガーSVの伊藤達哉【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間20日にブンデスリーガ第5節の試合が行われ、ハンブルガーSVはドルトムントと対戦し0-3の敗戦を喫した。この試合で、HSVに所属する20歳のFW伊藤達哉が初のベンチ入りを果たしている。

 ドルトムントに所属する香川真司とHSV所属の酒井高徳は共に先発出場を果たした。そんな中、HSVでベンチ入りを果たした日本人選手が注目を集めている。伊藤は柏レイソルの下部組織出身で、2015年にHSVのU-19チームに加入。昨シーズンからはHSVのセカンドチームでプレーしており、左ウイングのレギュラーとして活躍を見せていた。

 現地時間16日に行われたリューベック戦でも先発でフル出場し、PKを獲得するなど2-0の勝利に貢献。だが19日に行われたヴォルフスブルクIIとの試合には出場せず、ベンチ入りもしていなかった。

 独紙はその理由としてトップチームの試合に出場するためと報じていたが、その予想通り、トップチームの試合で初のベンチ入りを果たしている。残念ながら今節でのブンデスデビューとはならなかったが、現地時間24日に行われる次節のレバークーゼン戦では出番があるかもしれない。

text by 編集部