マニュを踏みつけるCR7

写真拡大

クリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリード対ベティス戦で見せたボールがないところで相手を踏みつけるという醜いプレーで再び注目を集めている。このプレーは後半に起き、CR7がボールコントロールをミスし、ベティスのマニュがボールを奪った時に起きた。マニュがタックルするとCR7は相手の足を踏みつけている。

CR7にとってはフラストレーションのたまる試合であり、多くのチャンスをミスしていた。その1つではピッチコンディションを非難するも、芝は彼のミスには全く関係ないようだった。

なお、この試合がFCバルセロナとのスーペルコパ・デ・エスパーニャでレフェリーを押し、5試合出場停止となっていたCR7のリーグ復帰戦だった。そして、このマニュに対するアクションで再びなんらかの処分か、少なくともイエローカードを受けてもおかしくなかったが、主審を務めたマテオ・ラオスはこれを見逃している。