by Steve Jurvetson

「完全自動運転」へ向けて邁進しているテスラが、半導体大手であるAMDとチップ開発で協力しているという情報が明らかになりました。

Tesla building an AI chip for its cars with AMD, GlobalFoundries

https://www.cnbc.com/2017/09/20/tesla-building-an-ai-chip-for-its-cars-with-amd-globalfoundries.html



Tesla is reportedly developing its own chip with AMD for self-driving cars - The Verge

https://www.theverge.com/2017/9/20/16341478/tesla-amd-chip-self-driving-car

この情報はカリフォルニア州サンタクララで開催された半導体メーカー「GLOBALFOUNDRIES」の技術会議で、同社CEOのサンジェイ・ジャー氏によって明かされました。GLOBALFOUNDRIESはもともとAMDから独立して生まれたメーカーで、AMDと2020年までウエハーの供給契約を結んでいます。

ジャーCEOは会議の中で、テスラのチップ製造の協力企業の一例としてAMDを挙げました。なお、AMD復活の原因となるRyzenなどのZenマイクロアーキテクチャの開発を主導した天才ジム・ケラー氏は、Ryzenの設計を終えた後、テスラに移籍しています。今回のテスラとAMDとの関係に、ケラー氏が関わっている可能性がありそうです。

なお、テスラの自動運転カーにはAMDのライバルであるNVIDIAの「NVIDIA Drive PX 2」が採用されていることが知られています。

ボード1枚でMacBook Pro150台分の能力を持ち自動運転カーを実現する「NVIDIA Drive PX 2」 - GIGAZINE



そのため、ジャー氏の明かした情報は大きな反響を呼んでおり、AMDの株価にも影響を与えているとのことです。