誘惑されてしまう男子は魅力的だからとも言えますが、お付き合いしているのにも関わらず、あちこちフラフラされているのは困ります。こういう男子はどうやって見分ければいいのでしょうか。

単にモテるからなのか、それともほかになにか“お誘いされるポイント”があるのか解説したいと思います。

お誘いは“消極的な浮気”

自分からどんどん積極的にアピールしていくことが積極的な浮気とするならば「そんなつもりは全くなかったけれど、相手に誘われてつい」や、何となく流されてしまった。「まあ一回だけならいいかと応じた」のが消極的な浮気といえます。

“誘惑する女”は、コミュニティやネットワークの女性の数が多くなると出現します。他人の彼氏と浮気することをなんとも思わない、不倫も深く考えない……そういった人に言えない恋が好きな女は存在します。なかなかそんな恋をしようとは普通は思いませんが、自分の価値を確かめるため、または性欲が強いためにその方向に走るようです。

見た目は、肉感的なスタイルですがそんなに美人ではないのが特徴。筆者の経験では、10人集まればひとりふたりはそんな考えの女性がいました。

ターゲットになるのはどんな男?

それは、モテるからでしょうか?モテ男だとお誘いは増えますが、誘いに乗っているとキリがありません。ですから誘いにはまったく乗らないこともあります。

問題なのは「モテ男ではない」場合。「カッコよくないのになぜ?」と思いますよね。イケメンだから、素敵だから誘われるわけではありません。カッコよくないからハードルが低い。彼も油断しているから……なのかもしれません。

恋愛経験の少ない男はこれ幸いと誘いに乗ったり、モテ期が来たとばかりに調子に乗りますが、やはり経験が少ないだけあってスマートな遊びを知りません。そうすると誘った女性は楽しくないので、すぐに終わってしまいます。

誘惑されるポイント

・女ばかりのところにいる……女性が多い職場やサークルに属していると、どうしても注目されてしまいますね。

・優しい……誰にでも優しくしていると勘違いする女性も増えます。

・おひとよしで断らない・優柔不断……誘われても断れない。うまくあしらえない、「断るのが悪い」。「かわいそうだと思ってしまう」など、変なところを気にする。

・楽しいことに食いつく……飲み会やイベントが大好きだと遊ぶ予定も増え、二人きりになることもある。

・男同士で盛り上がっている場合も…この場合は女子のグループが声をかけやすいです。

「誘惑されるのは隙があるから」なんてよく女性は言われてしまいますが、男の場合も同じ。ただ誘惑される女より“誘惑される男の絶対数”が少ないだけの話かもしれませんね。

お誘いに乗ってしまう男は痛い目に遭ったことがありません。痛い目とは、悪い女で散々だった。彼女にバレてしまった。そういったことです。

痛い目に遭わなければ、いけないことをやめないし進歩はしないです。もしお付き合いしている彼が、誘惑ポイントに当てはまっていたら注意し、彼にしっかりリスクを意識してもらうようにしましょう。(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)