元AKB48の光宗薫(24)が21日に自身のツイッターを更新し、今年10月から芸能活動を休止することを発表した。自筆の文面でメッセージを寄せた光宗は、摂食障害などに悩まされてきた切実な心境を打ち明けている。

 「お伝えしたいこと」とのツイートを添え、手書きの文面の画像を公開した光宗は、「突然ではありますが、2017年10月より芸能活動を休止致します。今日までの約6年間、多くの経験をさせていただきました」と芸能活動休止を発表した。

 光宗は自身が抱いている悩みを打ち明ける。「私は10代の頃から摂食障害、強迫的な症状に悩んでおり、一時的に拘束してもらわなければ生活が儘ならない状態を繰り返しています」と説明した。

 続けて「ですが様々な表現に携わるこの仕事を続けたいという私の強い希望の下、回りの方々にサポートしていただき現在まで続けることが出来ていました」と周囲の支えに感謝した。

 ただ、光宗は「それでも近年は状態が落ち着かず、強い気持ちを持つ程 バランスが取れなくなり 好きな活動も徐々に辛いだけのものに変わっていました」と切実な心境を吐露した。

 そうした背景を踏まえ、「そこで、再び愛を持って活動ができるまで お休みをいただく事に決めました」と活動休止を伝え、「応援して下さった方々に感謝します。この先も、宜しくお願い致します」と文面を締めくくっている。【朝倉浩正】