150年以上にわたり革新的な時計を開発し続けてきたタグ・ホイヤーが、世界10都市同時に、初のエキシビション『世界を旅するホイヤー・ヴィンテージ展』を開催します。期間は9月16日(土)から10月9日(月)まで。展示は、表参道の直営ブティック「エスパス タグ・ホイヤー 表参道」にて行われます。

 

東京のテーマは「モーターレーシング&歴史を重ねたデザイン」

タグ・ホイヤーは、1887年の振動ピニオンを筆頭に、様々な時計開発によって技術発展に貢献してきました。そうした歴史的名作は、普段はスイス時計製造の中心地ラ・ショー・ド・フォンにあるタグ・ホイヤー本社ミュージアムに所蔵されており、現地へ赴かなければ見ることができません。

 

それが、今回のエキシビションでは表参道の直営ブティックで50本以上も一挙に見ることができるわけです。しかも、これだけの展示数は、同時開催されるほかの都市と比べても最大規模とのこと。

 

スイスへ赴く費用や時間を考えれば、表参道なんて近いもの。時計好きはもちろん、モータースポーツ好き、プロダクトデザイン好きも必見でしょう。

 

なお、東京以外の都市とテーマは以下の通りです。

パリ:クラシック・ホイヤー

ジュネーブ:時計における発明

ミュンヘン:ミリタリーウオッチ

ヴェネチア:自動車と時間計測

ドバイ:セーリングとダイビング

シンガポール:フォーミュラ1

香港:自動車とドライバー

シドニー:マルチスポーツ

マイアミ:デザイン

 

アイルトン・セナやスティーブ・マックイーンが愛用したシリーズも見られる

1911年の「タイム・オブ・トリップ」や1916年の「マイクログラフ」「マイクロスプリット」など、日本で展示される主なタイムピースは、特に名作揃いとなりそうです。

↑1911 年 「タイム・オブ・トリップ」世界初の自動車・航空機用ダッシュボードクロノグラフ

 

↑1964年「カレラ」

 

↑1969年「オウタヴィア」

 

スティーブ・マックイーンが映画『栄光のル・マン』で愛用した1969年発表の「モナコ」と、アイルトン・セナが愛用した1991年の「セル」シリーズも、要注目です。


 

以上はすべてタグ・ホイヤー所蔵のモデルですが、今回のエキシビションでは、それぞれの都市のホイヤー・コレクターの所蔵品も展示される予定とのこと。

 

果たして最終的にどのようなモデルがラインナップするのか。それは、ぜひご自身の目で確かめてください。

 

 

【概要】

開催期間:2017年9月16日(土)〜10月9日(月)

会場:エスパス タグ・ホイヤー 表参道

渋谷区神宮前5-8-1 (地下鉄表参道駅A1出口 徒歩3分)

営業時間:12時〜20時(日・祝は11時〜19時)※入場無料

タグ・ホイヤー公式HP https://www.tagheuer.com/