レアル、公式戦連続得点の世界記録更新ならず シュート27本も…ジダン監督お手上げ

写真拡大

出場停止明けのロナウド復帰で盤石の陣容も、16年4月のCLシティ戦以来となる無得点

 盤石の陣容だったはずのレアル・マドリードが躓いている。

 リーガ・エスパニョーラ第5節の本拠地ベティス戦は終了間際に痛恨の失点を食らい、0-1で今季初黒星を喫した。スペイン紙「マルカ」によると、ジネディーヌ・ジダン監督は「ボールが入りたがってくれなかった」と話している。

 この日ジダン監督は、5試合出場停止処分が明けたFWクリスティアーノ・ロナウドを先発起用。ロナウドも出場できなかった鬱憤を晴らそうとゴール前に迫ったが、相手GKアダンのビッグセーブ連発でゴールネットを揺らせぬまま時間が過ぎると、後半アディショナルタイムにFWサナブリアのヘディングシュートを浴びて決勝点を許す。2016年4月のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)マンチェスター・シティ戦以来となる無得点で、敗戦を喫した。

 レアルは17日のレアル・ソシエダ戦で公式戦連続得点記録を73試合に伸ばし、“サッカーの王様”と呼ばれるペレが君臨した名門サントスが、1963年に達成した偉業に肩を並べていた。しかし、この日は無情にもノーゴールで終戦。伝説のチームが残した記録を超えることはできなかった。

 試合後、ジダン監督は「我々にはチャンスがあったが、今日はホームスタジアムだというのにボールが入りたがってくれなかった。この言葉で落ち着くしかないだろう」と嘆いた。

現地紙も「マドリードの夜ではなかった」

 同紙も「この日はマドリードの夜ではなかった」と記した通り、シュート27本を放ちながらもゴールは生まれず。そして後半途中には不動の左サイドバックであるDFマルセロが負傷交代し、FWベンゼマやMFコバチッチ、DFテオ・エルナンデスに続く離脱の懸念が高まっている。シーズン序盤ながら早くも首位バルセロナとは勝ち点7差となった。

 それでもジダン監督は「チームに対して不満は何もない、全く逆だ。クリスティアーノが我々とともにチーム内に入ってきたことが嬉しいしね。我々が次戦以降で変われることは勝つために全てを尽くすことだ」と切り替えるしかないとしている。

 スペインのインターネット上では「メッシ一人で9ゴール、マドリードは全員合わせても9ゴール」という画像が拡散された。決してゴール数が少ないというわけではないが、マドリディスタのフラストレーションは徐々に溜まりつつある。これを解決するための方法は、勝ち点3を積み重ねるしかない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images