「人をダメにするソファ」に続いて「人をダメにするベッド」が出ちゃいました

写真拡大 (全9枚)

「ベッドから動かずに、ダラダラ過ごせたらいいのに」という願いを叶えてくれそうな電動リクライニングベッドは、検証した編集部員が毎日購入を考えるほど快適でした。


一日中ずっとベッドで
ダラダラしていたくなります


テンピュール®の「ゼロジー® カーヴ ™」は、体のどこにも負担がかからない無重力睡眠が話題のベッドです。快眠ナビゲーターの結城未来さんは「ソファとしてホームシアターで映画を観たり、疲れたときに足を上げてむくみを取ったり、眠る以外にいろいろな使い方が考えられるのが面白いですね。ベッドに住めそうです(笑)」と、姿勢の自由度が高く、きめ細かく個人の好みに応えられる点を真っ先に評価しました。実際にテンピュール®でも、こうした新しい使い方をイベントなどで提案しています。ベッドは眠るだけの場所と思いがちですが、今後はベッド上での生活が当たり前になるかもしれませんね。



テンピュール®
Zero-G® Curve ™(シングル)
実勢価格:32万4000円
サイズ:幅97×長さ195×高さ29cm(レッグを下げた状態)



テンピュール®
Cloud Luxe 30
実勢価格:27万円
サイズ:幅97×長さ195×高さ30cm


無段階調節機能でベストな体勢がつくれます。



背中と足の2つのリクライニングは、独立して動かせるようになっており無段階で位置を調節可能です。最新モデルZero-G® Curve ™は、従来機より調節幅が広がり自由度が増しています。


実際に編集部員が試した
オススメポジションはコレ!


‖を高く上げてリラックススタイル



仕事で疲れたときは、足だけを上げてくつろぎましょう。ベッドがブルブル振動するバイブレーション機能で疲れも解消できます。


▲愁侫,砲垢譴弍撚茣嫋泙發任ます



頭側のリクライニングを最大に上げるとソファ状態になります。映画鑑賞やちょっとした食事にもピッタリでした。


L欺杜六兩でぐっすり睡眠できます



ベッドが緩いS字になった状態は睡眠に最適です。胎内の赤ちゃんの姿勢を再現しており、体への負担が少ないとされます。


いずれもリモコンでポジションが簡単に変更できるので、起き上がる必要はありません。




身体に負担をかけない姿勢で無駄な寝返りを減らす「Zero-G® ポジション」は、体験した複数の編集部員からも「体がラク」「欲しい」などの声が上がりました。高価な商品ですが、担当者は検証依頼「毎晩購入しようか本気で考えちゃってます」と完全にトリコ。ぜひ一度この快適さを体験してみてください。




360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。