来季CL決勝、アトレティコ新本拠地で開催…EL決勝はアゼルバイジャンで

写真拡大

 UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』は20日、2018−19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)決勝を開催するスタジアムが決まったと発表した。

 CL決勝は、アトレティコ・マドリードの新本拠地であるエスタディオ・メトロポリターノ(ワンダ・メトロポリターノ)での開催が決定。2019年6月1日に行われる。そしてEL決勝はアゼルバイジャンの首都バクーで開催。オリンピック・スタジアムにて、2019年5月29日に行われる。

 そして、CL王者とEL覇者が激突するUEFAスーパーカップは2019年8月14日、トルコの首都イスタンブールにあるベシクタシュ・スタジアム(ボーダフォン・アリーナ)で開催される。

 さらに、女子CL決勝はハンガリーの首都ブダペスト、フェレンツヴァーロシュ・スタジアム(グルパマ・アレーナ)にて開催されることが決まった。日程は現時点で未定となっている。

 今回発表された4試合の日程と開催地は以下のとおり(上記のスタジアム名、括弧内はネーミングライツによるもの)。

▼2018−19シーズン・チャンピオンズリーグ決勝
2019年6月1日 エスタディオ・メトロポリターノ(スペイン/マドリード)

▼2018−19シーズン・ヨーロッパリーグ決勝
2019年5月29日 オリンピック・スタジアム(アゼルバイジャン/バクー)

▼2019−20シーズン・UEFAスーパーカップ
2019年8月14日 ベシクタシュ・スタジアム(トルコ/イスタンブール)

▼2018−19シーズン・女子チャンピオンズリーグ決勝
日程未定 フェレンツヴァーロシュ・スタジアム(ハンガリー/ブダペスト)

https://twitter.com/atletienglish/status/910535341035151360