負傷交代となったギュンドガン

写真拡大

[9.20 カラバオ杯3回戦 WBA 1-2 マンチェスター・C]

 カラバオ杯(リーグ杯)3回戦が20日に行われ、プレミアリーグで4勝1分と無敗を維持しているマンチェスター・シティは敵地でWBAに2-1で勝利し、4回戦進出を決めた。

 勝利したものの後半13分に相手選手のタックルを受け、MFイルカイ・ギュンドガンが負傷交代を余儀なくされた。容態が心配されたがジョゼップ・グアルディオラ監督は軽傷だと明かす。クラブ公式サイトが伝えた。

 指揮官は「彼にとってタフな状況だが、イルカイは大丈夫だろう。膝に小さな問題があるが、前のようなものではない。深刻でないと思う」と言及。重い負傷ではないことをアピールした。

 また勝利を喜んだグアルディオラ監督はホームで迎える4回戦のウォルバー・ハンプトン戦へ向けて、「相手をリスペクトする。昨季のハダーズフィールド戦の初戦で経験しているから、準備は怠らないよ。ついにホームで戦うことができて嬉しいよ」と語った。


●プレミアリーグ2017-18特集