リロイ・サネの2ゴールによりシティが逃げ切った

写真拡大

[9.20 カラバオ杯3回戦 WBA 1-2 マンチェスター・C]

 カラバオ杯(リーグ杯)3回戦が20日に行われた。マンチェスター・シティは敵地でWBAと対戦。2-1で接戦を制し、4回戦進出を決めた。

 シティは16日のプレミアリーグ第5節ワトフォード戦(6-0)からDFジョン・ストーンズとMFラヒーム・スターリング、FWガブリエル・ジェズズを除く8人を変更。MFイルカイ・ギュンドガンやMFヤヤ・トゥレ、MFリロイ・サネらが先発起用された。

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)に参戦しているため、3回戦からの登場となったシティは、直近の公式戦3試合で15得点無失点と攻撃陣が好調。ターンオーバーを採用したものの、その好調さを物語るように開始早々に先制点を挙げた。前半3分、右サイドからDFダニーロが上げたクロスをギュンドガンが左足シュート。GKベン・フォスターが弾いたボールをサネが左足で押し込み、スコアを動かした。

 プレミアリーグ勢対決ということもあってか、その後は均衡した状況が続いたが、後半27分にWBAが同点に追いつく。右CKからMFクラウディオ・ジャコブが右足で押し込み、1-1。試合を振り出しに戻した。

 だが、プレミアリーグで4勝1分と無敗中のシティが黙ってはいない。後半32分、GKクラウディオ・ブラーボのファインセーブからカウンターをしかけ、最後はMFベルナルド・シウバのパスを受けたサネがPA中央から左足でゴール左隅に決め、2-1。シティが最後までリードを守り抜き、3回戦を突破した。

 なお、後半13分にギュンドガンが負傷し、DFカイル・ウォーカーとの交代を余儀なくされたが、ジョゼップ・グアルディオラ監督は「彼の怪我は深刻でない」と強調している。


●プレミアリーグ2017-18特集