画像提供:マイナビニュース

写真拡大

JALは9月21日、ボーイングが製造する国内線仕様のボーイング787-8を、2019年より初めて4機を導入することを発表した。現在JALでは、国際線機材としてボーイング787-8を25機導入し、ボーイング787-9も20機発注を経て、現在は9機を導入している。

787-8がもたらす機内での快適性や、低騒音と燃費効率性を生かし、JALは東京(羽田)=大阪(伊丹)線を中心とした大阪国際空港(伊丹)発着路線への導入を予定している。787-8の諸元は、全長56.7m、全幅60.1m、全高16.9m、装備エンジンはGE社製GEnx-1B。また、巡航速度916km/h、航続距離1万4,800kmとなる。