日本航空(JAL)は、国内線仕様のボーイング787-8型機を4機導入する。

JALは現在、国際線機材としてボーイング787-8型機を25機導入しており、ボーイング787-9型機は発注した20機のうち9機を導入しており、ボーイング787シリーズを世界で2番目に多く保有する航空会社。

国内線仕様のボーイング787-8型機は2019年の導入を予定しており、低騒音であることから、東京/羽田〜大阪/伊丹線を中心とした、大阪/伊丹発着路線への導入を行う計画としている。