母となったセレナ・ウイリアムズ、お手本である母オラセーンに感謝

写真拡大

 第一子を出産し、母となったセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)は、お手本となってくれた自分の母に感謝の気持ちを捧げている。

 ソーシャル・ニュース・ネットワーク、レディット(Reddit)に投函した母への公開レターの中で、セレナは母オラセーン・プライスを「私が知る中でもっとも強い母」と呼んでいる。

 セレナは自分の筋肉隆々の体について、耐えなければならなかった批判があったことを述べると、『私は、ある女性たちがどのような姿をしているかを、彼らに見せられたことを誇りに思う』とプライスに語り掛けた。彼女は『私たちの体はいくつか例を挙げると、丸みを帯びていたり、強く、筋肉質であったり、長身であったり、小さかったり。その皆が同様に女性で、誇り高い』とも言い添えた。

 セレナは9月1日に生まれた自分の娘、アレクシス オリンピアを育てるにあたり、同じ不屈の精神を持てるよう願うと言い、手紙に〈あなたの5人の娘の最年少より〉と署名をした。

 セレナはレディットの創始者のひとり、アレクシス・オハニアンと婚約している。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はウイリアムズ姉妹(右がセレナ、左がビーナス)と母オラセーン・プライス(写真◎Getty Images/2015年12月撮影)
Photo: NEW YORK, NY - DECEMBER 15: Honoree Serena Williams (R) and sister Venus Williams (L) pose with their mother Oracene Price at the 2015 Sports Illustrated Sportsperson of the Year Ceremony at Pier Sixty at Chelsea Piers on December 15, 2015 in New York City. (Photo by D Dipasupil/FilmMagic)