20日、風傳媒は「台湾で日本人記者がタクシーにはねられ死亡、論議に」とする記事を掲載した。写真は台湾のタクシー(資料写真)。

写真拡大

2017年9月20日、風傳媒は「台湾で日本人記者がタクシーにはねられ死亡、論議に」とする記事を掲載した。

台北市の路上で17日未明、西日本新聞社(本社・福岡市)の台北支局長、中川博之さん(48)がタクシーにはねられ、搬送先の病院で死亡が確認された。タクシーの運転手は「小動物にぶつかったと思った」と話し、車から降りて確認したところ、人をひいたと気付いたという。台湾のネット上では「台湾の交通はもっと歩行者にやさしくなれないのか」と議論が起きている。

台湾交通安全協会によると、台湾では毎年3000人以上が交通事故で死亡している。人口当たりの死亡率は日本の3.6倍、英国の4.7倍という高さだ。特に免許が取得できる18歳の死亡率が突出して高い。また、中国大陸からの旅行者が増えるにつれ、交通事故に遭うケースも目立っている。08年に大陸からの自由旅行が解禁されて以降、500人以上の中国人客が交通事故で死傷している。うち300人以上が観光車両での事故だった。

台湾交通安全協会の幹部は「台湾のドライバーは運転練習も足りず、学科教育も受けていないことがある。より多くの外国人観光客を引き付けたいのであれば、台湾政府は交通空間の安全性確保の重要性を認識しなければならない」としている。(翻訳・編集/大宮)