マーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】

写真拡大

今季主に代打起用も存在感、マッティングリー監督「彼は至宝だ」

 米大リーグ・マーリンズイチロー外野手は19日(日本時間20日)の本拠地メッツ戦の9回に同点タイムリーを放つなど、衰え知らずの活躍を見せている。しかも、今季は主に代打起用ながら両リーグ最多の26本の代打安打をマーク。そんな背番号51について、ドン・マッティングリー監督は「彼は至宝だ」「彼の行うすべてを見るのが大好きなんだ」と高く評価している。地元紙「サン・サンチネル」が報じている。

 イチローは43歳となっても衰えるどころか、輝きを増している。

 19日のメッツ戦では9回2死一、二塁の場面で同点打をマーク。20日(同21日)の同戦では代打で凡退したが、今季は代打で26安打。球団新記録で両リーグトップの数字を誇る。1995年にジョン・バンダーウォールの記録したメジャー記録28本に残り2本と迫っている。

 代打での101打席、95打数はメジャー最多記録となった。レギュラーでも良し、ベンチスタートでも良し。抜群の仕事を見せる背番号51について、マッティングリー監督は19日の試合後、最大限の評価をしていたという。

「彼がやっていることは、イチローであり続けること。他の誰もできないことをし続けているんだよ。私にとって、彼は至宝だ。私は彼の行うすべてを見るのが大好きなんだ。打撃練習への取り組み方、外野での練習、そして、試合への準備。彼はまさに宝だ。本当に目にする喜びがあるんだ」

 記事によると、マッティングリー監督はこう語ったという。メジャー17年目を迎える最年長野手だが、マーリンズの指揮官に至宝と言わしめるほどの輝きを放っている。