香川が今季初弾、ドルトが首位キープ…武藤は今季2点目/ブンデス第5節

写真拡大

 ブンデスリーガ第5節が19日から20日にかけて行われた。

 3勝1分けの勝ち点「10」で首位に立つドルトムントは、敵地でハンブルガーSVと対戦。日本代表MF香川真司が今シーズン初ゴールとなる先制点を記録し、3−0と快勝した。ドルトムントは首位キープ。香川は66分までプレーしている。ハンブルガーSVの日本代表DF酒井高徳も先発出場し、48分に交代した。

 日本代表MF長谷部誠がフル出場を果たしたフランクフルトは、敵地でケルンに1−0と完封勝利。MF鎌田大地はベンチスタートで、出場機会はなかった。一方、ケルンは唯一の開幕5連敗と苦しんでいる。日本代表FW大迫勇也はフル出場を果たしたが、ゴールネットを揺らすことはできなかった。

 日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツは、ホームでホッフェンハイムに2−3と逆転負け。フル出場の武藤は16分、2−0とリードを広げる今シーズン2得点を挙げたものの、勝利には結び付かなかった。

 日本代表FW浅野拓磨のシュトゥットガルトは敵地でボルシアMGに0−2と完封負け。浅野は先発出場し、62分までプレーしている。また、日本代表MF原口元気のヘルタ・ベルリンはレヴァークーゼンに2−1と競り勝った。原口は87分から途中出場している。

 ブンデスリーガ第5節の結果は以下のとおり。

■ブンデスリーガ第5節結果

ボルシアMG 2−0 シュトゥットガルト
シャルケ 0−3 バイエルン
アウクスブルク 1−0 ライプツィヒ
ヴォルフスブルク 1−1 ブレーメン
ケルン 0−1 フランクフルト
ヘルタ・ベルリン 2−1 レヴァークーゼン
フライブルク 1−1 ハノーファー
ハンブルガーSV 0−3 ドルトムント
マインツ 2−3 ホッフェンハイム

■ブンデスリーガ第5節順位

1位 ドルトムント(勝ち点13)
2位 バイエルン(勝ち点12)
3位 ホッフェンハイム(勝ち点11)
4位 ハノーファー(勝ち点11)
===========CL===========
5位 アウクスブルク(勝ち点10)
6位 シャルケ(勝ち点9)
===========EL===========
7位 ボルシアMG(勝ち点8)
8位 ヘルタ・ベルリン(勝ち点8)
9位 ライプツィヒ(勝ち点7)
9位 フランクフルト(勝ち点7)
11位 ハンブルガーSV(勝ち点6)
12位 シュトゥットガルト(勝ち点6)
13位 ヴォルフスブルク(勝ち点5)
14位 レヴァークーゼン(勝ち点4)
15位 マインツ(勝ち点3)
16位 フライブルク(勝ち点3)
===========降格==========
17位 ブレーメン(勝ち点2)
18位 ケルン(勝ち点0)