何の気なしにやっている行動が、男性から「おばさんくさい」と思われていたら悲しいですよね……。今回は「おばさんくさい」と思う女子の言動について男性陣に調査してみました。


1.すぐタダのものをゲットしようとする女子


「道で配っているポケットティッシュとか、デパ地下やスーパーの試食とかを片っ端からもらおうとする女友達がいますね(笑)。そんな必死にならなくてもいいじゃん、と本人に直接言ってしまったこともあります」(22歳男性)

道で配っているポケットティッシュってもらっておくと便利だし、スーパーの試食ってついついもらっちゃいますよね。でも普段もらわない男子からすると、おばさんっぽく見えてしまうのかも……。

ひとりや、女友達といるときはいいけれど、男友達や彼氏といるときはやめておくのがよさそう。

2.男子の前でボリボリと体をかく女子


「前にちょっと嫌だなと思ったのは、男の前でおしりとか背中をボリボリかきむしる女子。カフェに座っているのに、おしりを浮かせてボリボリとかいていた……。多分本人は無意識なのでしょう。でも、もう女性として見られません」(27歳男性)

人前で体をボリボリかくのはあまり印象のいいものではないですよね。我慢ができないのなら、相手に見られないトイレなどに行くか、かゆみ止めを持ち歩くのがいいでしょう。


3.「よっこいしょ」「ふぅ〜つかれた」と独り言をいう女子


「あるあるネタですけど、すぐに『ふぅ〜つかれたぁ』とか『よっこいしょ、はぁ〜』とか口走る子いるじゃないですか。あれはちょっとおばさんぽく見えますよね。みんなが疲れているときに、あえて大きな声で『あー疲れた〜もう無理〜』とか言いながら汗拭いてたり(笑)」(26歳男性)

座る時に「よっこいしょ」とでてしまうのっておばさんくさいと思ってしまいますよね。

みんなが疲れているときに、「疲れた〜」っていう女子よりも、前向きな言葉をかけられる女子の方がモテるのは当たり前です!

4.お母さんみたいな“おせっかい”な女子


「なにかと言動がすべてお母さんみたいな子。飲み会の席でも『あなたはあっちに座った方が全体のため』とか『君は黒髪だと地味に見えちゃうから、ちょっと髪の毛染めた方がいいわ』とか。基本的におせっかいな女子って、おばちゃんっぽく見えませんか? 提案とおせっかいは全然違いますよね」(24歳男性)

飲み会の席などではおせっかいが役に立つことはあるかもしれませんが、相手の髪形やファッションについていちいち意見するのは、親切のつもりでもおせっかいと思われることも。

おせっかいの焼き過ぎはおばさんくさいので要注意です。

5.「あんた」と呼んでくる女子


「彼女でもないのに、俺のことを『あんた』と呼んでくる子。彼女ですらちょっと嫌なのに、誰目線なんだよと内心ツッコんでしまいますね。おばさんにしか見えなくなってしまいます(笑)。」(23歳男性)

相手のことを「あんた」って呼ぶのは少し偉そうな印象がありますよね。恋人同士でも嫌がる人はいるはずなので、友達同士ならなおさら。名前で呼ぶのが一番です!

6.芸能人のゴシップ大好き女子



「『あの芸能人、やっぱり不倫してたんだ! 前から絶対にしてると思ってた!』『ジャニーズと付き合うなんて図々しい女優!』とか、芸能ゴシップばかり話す子。情報番組を見てるおばさんみたいで、他に話題ないのかよ、と思ってしまう。もっと楽しくて生産的な会話がしたい」(28歳男性)

おばさんにゴシップ好きなイメージを持つ人って多いもの。話のネタにはなるけれど、芸能ゴシップ話ばかりになるのは避けた方がベターです。

「おばさん」イメージが定着すると恋愛対象外に?!


以上、おばさんくさいと思われてしまう言動を調査してみました。意識しないとやってしまいがちなことも多いですよね。

もちろん「おばさん」っぽいことがいけないというわけではありません。しかし、おそらく男性が思う「おばさんくさい」とは女性らしさに欠ける、という意味なのです。「おばさんっぽい=品性が感じられない」と恋愛対象として見られなくなるという男性の本音を心得ておきましょう。
(ヤマグチユキコ)