日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟は20日、新たなプロ野球志望届の提出者を公示【写真:Getty Images】

写真拡大

東北福祉大は侍ジャパン大学日本代表・楠本ら5人、大学生は計28人に

 日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟は20日、新たなプロ野球志望届の提出者を公示。プロ注目の147キロ右腕、東海大市原望洋(千葉)・金久保優斗投手、仙台大の155キロ右腕・馬場皐輔らが提出し、提出は高校生47人、大学生28人となった。

 東海大市原望洋の金久保は最速147キロを誇る本格派右腕。今春のセンバツにエースとして出場した。また、高校生では注目スラッガーの真颯館(福岡)高木渉外野手ら計4人が提出した。

 大学生では仙台大の155キロ右腕・馬場が提出。ドラフト上位候補の大学球界屈指の剛腕だ。また、横浜商大で米国人の父を持つ佐藤デシャーン広之外野手、東北福祉大から侍ジャパンのユニバーシアード大学日本代表・楠本泰史内野手ら5人が提出するなど、一挙計14人が公示。

 提出締切は10月12日、NPBのプロ野球ドラフト会議は同26日に行われる。