結婚した後頑張ることももちろん大切でしょう。しかし、結婚の前段階の恋愛期間中にもぜひやっていただきたいことがあります。

1:お互いの家で一定期間生活してみる

一緒に生活してみると、1日中相手と一緒にいることになり、デートでは見ることのできない彼を知ることができます。

相手の生活スタイルやちょっとした日常の過ごし方を知ることができ、それがあなた自身とずれているのかどうかもチェックできます。

結婚した後はずっと一緒に生活をしていくことになりますので、恋愛期間中に、ぜひそれぞれの家で生活してみるようにしましょう。

同棲できる方は同じ部屋を借りて一緒に住んでも良いと思います。結婚生活の予行演習だと思ってトライしてみてください。

2:子どもの教育・貯金の方針を話し合う

お互い育った環境が違うため、貯金についての考え方や子どもの教育方針も異なっていて当然です。

結婚に向けて、それをすり合わせていく努力を恋愛期間中から怠らないようにしておきましょう。

結婚を必ず直面する2大テーマは、子どもを作るのか作らないのか、作る場合の教育方針、貯金をいつどのくらい増やすのかの2つです。

現実的なテーマになりますので、あなたと彼の考えが赤裸々になり、すり合わせなくてはならないポイントが明確になります。結婚までにぜひじっくりと話し合う時間を設けましょう。

3:両親・家族にお互い挨拶する

かなり昔の習慣なので今は不要だと思われる方もいるようです。

しかしながら、現実問題としてはここを避けてしまって結婚後トラブルになるケースが多いようです。

たとえば、結婚の意思決定のタイミングで、両親から反対されたり兄弟から反対されて破談になってしまうこともあるでしょう。

そうならないためにも、恋愛期間中に結婚をお互い意識しだしたら、すぐにお互いの両親や兄弟にご挨拶に伺いましょう。

おわりに

結婚までの道のりは結婚してからと同じくらい大切です。結婚を考えている方がいらっしゃるかたは具体的な行動をぜひお越してみてください。

お坊さん        恋愛コーチ さとちゃん 合掌

(愛カツ編集部)