何よりも子どもを望んで結婚した夫婦でしたが、妊活の道は、婚活以上に茨の道でした(写真:: polkadot / PIXTA)

私が仲人を務める結婚相談所で2年ほど前に成婚退会をした横山富雄(45歳、仮名)が、久しぶりに事務所に遊びに来てくれた。たまたま近くで仕事があったのだという。

「元気そうね。仲良くやっている?」


この連載の一覧はコチラ

「はい。おかげさまで」

富雄はこう言うと携帯を取り出し、写真フォルダーにあった1枚の写真を見せてくれた。それは富雄と妻の香苗(40歳)がソファに並んで座り、香苗の膝にトイプードルが抱っこされている写真だった。

「あら、犬を飼ったの?」

「そうなんです。不妊治療に区切りをつけまして、これからは香苗と2人、犬をかわいがりながら仲良く暮らしていこうと。バニラと名付けました。私も香苗もメロメロですよ。今は、バニラを中心に家が回っています」

夫43歳、妻38歳、何よりも子どもを望んでいた

2年前、43歳、38歳で成婚退会した2人は、結婚後、何よりも子どもを望んでいた。結婚後の最初の半年はタイミングをはかりながら自然妊娠を期待していたがかなわず、年齢的に“待ったなし”の状態だったため、体外受精に切り替えた。そんな話を私に以前してくれた。

「不妊治療って、男性よりも女性の体に負担がかかる。香苗は採卵がとても痛かったようで、見ていてかわいそうでした。でも、2人とも望んでいた子どもだったので、その痛みにも必死で耐えていたようです」

3回トライしたが、結局3回とも失敗に終わったという。富雄は、これまでの不妊治療を淡々と語り出した。

「1回は受精卵を移植したのですが着床しなかった。残りの2回は着床したものの、流産となりました。不妊治療をしているときって、夫婦の会話が、そのことばかりになるんですよ。特にうまくいかなかった後は、家の中がどんよりした重たい空気に包まれる。私が会社から帰ってくると、香苗が絶望的な顔で玄関に立っているんですよ。時にはヒステリックに泣きじゃくったり。彼女が精神的に不安定になるのは、頭では理解してはいたんですが、こちらも仕事で疲れていたりすると、そういう彼女を大きな気持ちで受け止めてあげられなかった」

ささいなことでのけんかも絶えなくなり、普段の夫婦の会話もギクシャクしていったという。

「2回目に流産したとき、妻は精神的に本当につらそうで……。3日間くらい彼女は泣きっぱなしでした。不妊治療って結果が見えないし、何回やったら成功するというのも約束されていない。このまま失敗し続けたら、その度に香苗は心も体も傷ついていく。さらにおカネもかかる。『なにもそこまでして子どもを授からなくてもいいのではないか。もうこの苦しみから解放されよう』という気持ちになったんです」

「これからの人生は、2人で仲良く暮らしていこう」。それが話し合いの末に、2人で導き出した答えだったという。

結婚はいつでもできるが、出産には期限がある

結婚はいつでもできるが、出産には期限がある。晩婚化により、高年齢出産が増加しているといわれて久しい。不妊治療の技術は年々目覚ましく進歩しているが、年齢が上がれば出産へのリスクも高まるのは、どんなに医学が発達しようとも否めない事実だ。高年齢出産は、“妊娠しにくい”、“流産しやすい”、“ダウン症などの染色体異常児が発生する確率が高くなる”という問題も抱えているし、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などの、胎児と妊婦の命にかかわる病気にもなりやすい。たとえ妊娠がうまく進んだとしても、早産の確率が上がるとも指摘されている。

どんなに医学が発展しようとも、アンチエージング医療で見た目の若返りが可能になろうとも、体が年齢とともにリアルに老いていくことを止めることはできないのだ。

私事で恐縮だが、筆者も36歳で結婚をし、できるだけ早くの妊娠と出産を望んでいた。最初は基礎体温をつけ、タイミング療法で自然妊娠することを試みたが、なかなか妊娠しなかった。1年後にやっと妊娠したものの、9週目で流産をした。2回目の妊娠は38歳になってからで、これもまた流産。

産婦人科医からは、「年齢的に時間を無駄にはできない。不育症かもしれないから、体を調べなさい」と助言され、大学病院の不育症外来に通った。しかし不育症にあたる特定の原因は突き止められず、そのとき医師に、こう説明された。

「流産する確率は、思いのほか多い。一般的には妊娠の約15%が流産となる。35歳以上になるとその確率が上がり、35〜39歳では20〜30%、40歳以上では40%以上の確率で流産するといわれている。あなたの場合、38歳だから30%と考えたときに3回の妊娠で1回は流産するという計算になる。不育症というよりは、年齢的な要因が大きい」

この説明を聞いて、不育症ではなかったことに安心しつつも、年齢的にこの先妊娠し出産することは不可能なのではないかと、絶望的な気持ちになった。

そこから、漢方薬を飲んだり、定期的に病院に通って妊娠しやすい体づくりを心掛けたりした結果、40歳のときに自然妊娠をし、それが双子だった。過去の経験から“また流産するかもしれない”と心配で毎日を不安な気持ちで過ごしたが、5カ月目で安定期に入り、少し安心をした。

ところが安心したのも束の間、7カ月検診のときに、「片方の胎児の心音がおかしい」と言われ、29週で、急きょ帝王切開で出産することになった。

生まれてきた娘たちは、第1子が1253グラムの極小未熟児(極低出生体重児)、第2子が977グラムの超未熟児(超低出生体重児)で、4カ月間、NICU(新生児集中治療室)にお世話になった。新生児の高度専門医療の発達により、娘たちは命を救ってもらい、おかげさまで何のトラブルを抱えることもなく健康に成長した。しかし私は、高年齢出産者の抱えるトラブルをいくつも経験しての出産となった。

どんな出産にもさまざまなドラマがあるが、高年齢出産や不妊治療をした夫婦の場合は、目の前に乗り越えなくてはいけないたくさんの課題が突き付けられる。トラブルも起こりやすい。それを解決しながら前に進んでいくのだが、結果、わが子を抱ける夫婦もいれば、あきらめる夫婦もいるのが現実だ。

「子ども」にこだわるあまり破談になったお見合い

目の前の富雄は、清々しい顔で言った。

「僕も香苗も不妊治療をしたことに、後悔はないですよ。そのことでたくさんけんかもしたけれど、それを経たからこそ強くなった夫婦の絆もあります」

そんな富雄を見ていたら、香苗と出会う前に、結婚寸前までいきつつも「子ども」にこだわるがあまり破断になったかつてのお見合いがあったことを思い出した。

富雄が婚活を始めたのは、43歳のときだ。身長は168センチと小柄だったが、やせ型で清潔感があり、女性からは好感をもたれる見た目だった。面談のときには「子どもが欲しいから、なるべく早く結婚がしたい」と言っていた。富雄は、以前私が私設ブログに書いた“脳内婚活”という言葉が、まさに自分のことだと胸に刺さったのだという。

脳内婚活について、かつて私はブログにこう書いていた。

「『いつかは結婚相手にめぐりあえるだろう』という気持ちはあるものの、行動を起こさないままに年齢を重ねてしまう。脳ミソの中には“婚活”という言葉が常にあるので、行動を起こしている気持ちになっている。過去1年を振り返り、何人の結婚できる候補者にあったかを紙に書き出してみるといい。一人たりとも出会っていないことが多い」

富雄は、女性にはずっと奥手だった。中高と男子校で、大学時代はサークルに好きな女性がいたものの、告白できないままに卒業をした。

卒業後は、あるメーカーに就職をしたが、会社が海外に工場を持っていたために、30代のときにはインドネシアに3年、タイに2年赴任をした。20代で女性経験もないまま海外赴任となり、海外では余計に恋愛からは縁遠くなり、38歳のときに帰国をした。

そこからまた日本での生活が始まったものの、“いつかは結婚したい”と思いつつも、家と会社を往復する毎日。そんなときに、脳内婚活をしていた自分に気がついた。“結婚したいと思っているだけでは一生このままだ。行動を起こそう”と私を訪ねてきた。そのとき、43歳になっていた。

富雄は、私の相談所で10カ月ほど活動をし、20回くらいお見合いをした。その中で、現在の妻の香苗のほかに、もう一人、結婚に向けて真剣交際に入った女性がいた。岩田真里、当時40歳、富雄よりも3歳年下の女性だった。

5度目のデートを終えたころ、富雄から連絡がきた。

「今回の真里さんは、食の好みも合うし、話していて気を使わずに自然体でいられるんです。真剣交際に入って、このまま結婚に向かえたらいいなと思っています」

声が弾んでいた。さらに、こう続けた。

「前回のデートのときに、真里さんがお母さんの話をしてくださったんです。お母さんが、“あなたもいい歳なんだから、横山さんに振られたら、もう次のお相手は出てこないと思ったほうがいいわよ”とおっしゃってくださったそうです」

真里の母親が、2人の交際を全面的に応援してくれているようだった。

またその後のデートでは、こんな報告もあった。

「今日、私が車を出して鎌倉方面にドライブに行ったんですが、帰りに真里さんを家までお送りしたら、『富雄さん、リンゴを持っていきませんか?』と。お母さんのご実家から、リンゴがたくさん届いたそうで、真里さんのお母さんが、『今日、富雄さんに持っていったら?』とおっしゃってくださったみたいなんです。『喜んでいただきます』と言って、車内で待っていたら、真里さんと一緒にお母さんがリンゴを持って出てきてくださったんです」

真里の母とは、このときが初対面。驚いて車を降りたという。すると、真里の母は、リンゴを手渡しながら、富雄に言った。

「娘のことをこれからもよろしくお願いします。この年まで一人でいて、もう結婚できないかと思っていたら、富雄さんみたいなすてきな男性に巡り合えて本当によかった」

私は、その話を聞いて富雄に言った。「お母さん公認なら、もう結婚が決まるのも時間の問題ね」

順調に見えた交際で、突然の「交際終了」

ところが、その1カ月後に、真里の相談所から「交際終了」の連絡が来た。

結婚するものだとばかり思っていたので、私はびっくりして、富雄にすぐにメールを入れた。

「真里さんから、交際終了が来たけれど、何があったの? あんなに仲良くやっていたのに」

すると、富雄から「将来的に子どもを作るか作らないかという話でもめました」という返信がきた。メールだけでは詳しい話はできないと思ったので、その夜富雄と電話で話すことにした。

当時、真里は40歳。「今の仕事が好きだし、ずっと働き続けたい。年齢的に出産のリスクを考えたら、子どもはいらない」と言ったそうだ。

対して富雄は、「子どもは授かりもの。結婚して、最終的に子どもができなかったら、それはそれでしかたない。何が何でも子どもが欲しいとは思っていない。ただ、チャレンジをせずに、はなからあきらめるようなことはしたくない。チャレンジをした結果できなかったのなら、それを結果として受け入れる」と。

この富雄の言葉に、真里はかたくなに反発をした。

「それなら、私はあなたとは結婚できません。ほかの方とお見合いをして結婚をしてください」

そしてこの翌日、真里の相談室から「交際終了」の連絡がきたのだ。

その後、何人かの女性とお見合いしたのだがうまくいがず、最後に見合いしたのが香苗だった。当時38歳の香苗は、とても子どもを欲しがっていた。その気持ちが富雄と重なった。順調に交際を進め、結婚となり、結婚後は2人で妊娠に向けてできるかぎりの前向きな努力をした。

ただ、先に記したとおりに結果として子どもはあきらめた。それでも、チャレンジをして導き出した答えに、夫婦は後悔をしていない。

婚活よりも妊活のほうがつらく苦しい

私の相談所を成婚退会し、妊活を試みるもなかなか結果が出せないでいる別の40代の女性が、私にこう言ったことがあった。

「婚活よりも妊活のほうがつらく苦しいです。婚活は、次々に相手が変わっていくから、“今度こそうまくいくかも”という希望が持てる。“結婚できないのは私が結婚を真剣に考える相手に巡り合えないから”と、相手のせいにできる。でも妊活は、夫と私、相手が決まっている中での時間との戦い。妊娠して流産をすると自分をどんどん責めてしまうんです」

この言葉を聞いたとき、“かつての私もそうだったなあ”と思い出した。ずいぶんと自分を責めた。

富雄と香苗が笑顔でトイプードルを抱きながらほほ笑んでいる写真を見て、そこにもまた夫婦の幸せの形があると思った。「努力が報われない」のが妊活なのかもしれないが、それを乗り越えた夫婦には、そこに新たな関係が生まれているはずだと信じたい。