@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

もくじ

ーイギリス カジャーを2015年導入
ー英国向けディーゼル仕様 CVTを初設定
ー他に何が変わった? カジャー英国仕様

イギリス カジャーを2015年導入

ルノーは、2年前に英国でカジャーを発売。これまでに4万5000台をセールスしている。

今回、英国市場向けのアップデートとして、170psエンジン搭載モデル、CVT採用モデルが導入された。

英国向けカジャー 追加車種

TCe165 1.6ℓ4気筒ターボ
・最高出力:165ps
・最大トルク:16.2kg-m
・燃費:16.7km/ℓ
・CO2排出量:134g/km
・0-100km/h加速:9.2秒
・最高出力:204km/h

これは英国向けのTCe 130ユニットを超える出力を発生し、ホンダHR-V、日産キャシュカイに対抗するルノーの切り札となる車種だ。英国車両価格は、£22,915(345万円)〜という設定。
 

英国向けディーゼル仕様 CVTを初設定


また、ルノーは、カジャーのdCi 130ディーゼルエンジン搭載モデルに、初めてCVTオートX-トロニックをオプション設定する。

これは、スムーズなドライビングを目指したモデルとされており、CVTが設定されるのはFFモデルのみだ。

英国向けディーゼル/CVTモデル

dCi 130 1.6ℓ4気筒ディーゼルターボ
・最高出力:130ps
・燃費:20.9km/ℓ
・CO2排出量:123g/km
・0-100km/h加速:11.1秒
・最高出力:188km/h

英国車両価格は、£26,015(391万円)〜となっている。なお、マニュアル仕様は£24,465(368万円)という価格設定だ。
 

他に何が変わった? カジャー英国仕様


それ以外にも、今回のアップデートでは、「ハンズフリー・キーカード」が導入される(車内の画像は左ハンドル市場向け)。

これは、ドライバーが近づくと、自動的にデイタイム・ランニングライトとウェルカムライトを点灯させ、さらにドアを開くという機能がついている。

ドライバーが、カードを携帯して車両から離れた場合には、自動的にドアロックされ、ミラーを畳み、ライトが消灯されるという仕組みである。