前回王者ユナイテッドが快勝発進! ザネ2発のシティがWBA撃破! マンチェスター勢が揃って4回戦へ《EFLカップ》

写真拡大 (全2枚)

▽EFLカップ(カラバオ・カップ)3回戦、マンチェスター・ユナイテッドvsバートンが20日に行われ、4-1で快勝したユナイテッドが4回戦進出を決めた。

▽連覇を目指す昨季王者のユナイテッドは、今大会初戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)のバートンと対戦した。モウリーニョ監督は4-0で大勝した直近のエバートン戦からマタとラッシュフォードを除く先発9人を変更。GKにロメロが入ったほか、ダルミアンやリンデロフ、エレーラ、キャリックなど控えメンバーが名を連ね、1トップにはラッシュフォードが入った。

▽立ち上がりから相手を押し込むユナイテッドは5分、リンガードのクロスのこぼれ球に反応したボックス右のラッシュフォードが冷静に流し込み、開始早々にゴールを奪う。さらに17分にはボックス手前左角でブリントから短いパスを受けたラッシュフォードが反転気味に右足を振り抜くと、これがニアサイドの絶妙なコースに決まった。

▽ラッシュフォードの2ゴールで完全に流れを掴んだユナイテッドは、相手をいなしながら積極的にゴールを狙う。すると36分、マルシャルの個人技からボックス中央でリンガードがパスを受けると、右足のシュートが相手DFに当たってGKの逆を突く形でゴールネットに吸い込まれた。

▽3点リードで後半に入ったユナイテッドは、マタに代えて負傷明けのショーをピッチに送り込む。60分にはボックス手前でDFと入れ替わったラッシュフォードのスルーパスに抜け出したマルシャルが冷静にシュートを決め、後半最初のゴールを奪った。

▽その後、若手MFマクトミネイ、78分にはGKロメロに代えてGKペレイラを投入する余裕の試合運びを見せたユナイテッドは、試合終了間際の失点でクリーンシートを逃すも、格下相手に4-1の大勝。連覇に向けて順調な歩みを見せた。

Getty Images
▽また、同日行われたWBAvsマンチェスター・シティは、2-1で勝利したシティが4回戦進出を決めている。

▽直近の公式戦3試合を4得点以上無失点での3連勝と絶好調のシティは、プレミア勢同士の対戦となったWBAとのEFLカップ初戦に向けて直近のワトフォード戦から先発7人を変更。シルバやアグエロ、デ・ブライネらが招集外となり、シティでの通算300試合出場となるヤヤ・トゥーレが今季初出場を飾り、2トップにはガブリエウ・ジェズスとスターリングが起用された。

▽試合は開始早々に動く。右サイドからのクロスを中央のギュアンドアンがダイレクトで合わせると、これはGKに弾かれるもこぼれ球をザネが冷静に流し込んだ。

▽早い時間帯の先制点で守備的なWBAを前につり出すことに成功したシティだが、球際で粘りを見せる相手になかなかチャンスを決めきれず、1点リードのまま前半を終えた。

▽すると72分、相手の右CKからギブスのクロスをヤコブに決められ、同点ゴールを許す。それでも、慌てないアウェイチームは失点から数分後の77分にベルナルド・シウバからパスを受けたザネがボックス手前右から内に切れ込んで得意の左足のシュートを突き刺した。

▽その後、ザネの2点目をきっちり守り切ったシティが敵地でのWBAとのプレミア勢対決を制し、4回戦進出を決めた。