3バック採用のミランが今季2度目のリーグ戦2連勝を果たした

写真拡大

[9.20 セリエA第5節 ミラン2-0SPAL]

 セリエAは20日、第5節を行った。ミランはホームでSPALと対戦し、2ー0で勝利した。

 DFレオナルド・ボヌッチを中央に敷く3バックを採用して公式戦2連勝を収めているミランは、今節でも3-5-2の布陣を採用。2トップには前節2ゴールのFWニコラ・カリニッチと今季リーグ戦初先発となるFWアンドレ・シウバが起用された。

 50年ぶりにセリエAで戦うSPALからミランが先制に成功する。前半25分、カリニッチがPA内で相手GKに倒されPKを獲得すると、同26分にDFリカルド・ロドリゲスが冷静にゴール右に決める。R・ロドリゲスのセリエA初得点で、前半を1-0で折り返した。

 ミランは後半15分に追加点。PKを獲得したケシエが自ら冷静にゴール右に沈め、今季リーグ戦2得点目で2-0と点差を広げた。試合はそのまま終了。ミランは今季リーグ戦2度目の連勝を達成し、順位をひとつ上げて4位とした。一方、枠内シュート0本で終わったSPALはリーグ戦3試合無得点で3連敗となり、14位に順位をひとつ下げている。


●セリエA2017-18特集