発見された6枚のうち、西郷について記した1枚[高知県提供] 時事通信社

写真拡大 (全2枚)

 維新の立役者としての功績もさることながら、人間的魅力によって語られることが多い西郷隆盛。西郷に全幅の信頼を寄せていた坂本龍馬の手紙から、その人柄が垣間見える。「龍馬の手紙」研究の第一人者である宮川禎一・京都国立博物館上席研究員が分析する。

 * * *
 坂本龍馬が残した中で最も長く、最も有名な直筆の手紙が見つかった。慶應2(1866)年12月4日、長崎から郷里の兄らに宛てて書かれたもので、写しにより文面は知られていたが、現物はすでに焼失したとされていた。ところが、札幌在住の男性が龍馬の親戚から譲り受け所有しているとの話があり、私が実際に訪ねて調査したところ本物と判明。今年6月に報道され広く知られることとなった。

 この手紙の中に、龍馬と西郷隆盛との関係をうかがわせる重要な記述がある。寺田屋滞在中の龍馬が、伏見奉行所に襲われた事件(同年1月23日)に触れて、「この事件の時嬉しかったのは、西郷吉之助(隆盛)が、京の藩邸でこの事件の一報を聞き、まず西郷自身が短銃に弾を込めて、私を伏見まで助けに来ようとしてくれたことです」と書いている。

 龍馬と西郷が最初に会ったのは、この手紙から遡ること2年。師の勝海舟の紹介を受けてのことだった。龍馬はその時の感想を「釣り鐘に例えると、小さく叩けば小さく響き、大きく叩けば大きく響く。もし馬鹿なら大きな馬鹿で、利口なら大きな利口だろうと思います」と勝に語っている。

 龍馬と違って手紙が多くは残っていない西郷の場合、周囲の人の述懐からその人物像を類推するしかない。龍馬との関係からわかる西郷隆盛とはどんな人物だったのだろうか。 

◆西郷と龍馬が「大笑い」

 ヒントはやはり先の手紙の中にある。龍馬は伏見奉行所に襲撃された後、その事件の裏に「薩長の間を往復している坂本は幕府のためにならない。是非とも殺すように」という幕府の指令があったと伝え聞いた。そこで、龍馬はこう書いた。

「この話を聞いた薩摩屋敷の小松帯刀や西郷吉之助なども皆、大笑いいたし、かえって私が幕府のあわて者に出会って、はからぬ幸いだ、と申しあったことです」

 なぜ「はからぬ幸い」、つまり思わぬ幸運だというのだろうか? それはこの襲撃事件が、龍馬が目指した「薩長による倒幕」を決定づけたからに他ならない。当時の薩摩藩には幕府を助けて長州を討つべしと主張する保守派もいたため、この時点で西郷は地元を一枚岩にできていなかった。幕府と長州の両方から“求愛”されていた薩摩としては有利なほうにつきたい。

 西郷と長州の桂小五郎が同席した1月21日が薩長同盟締結の日と思われているが、この時はまだ口約束を交わしたに過ぎず、西郷の独断で薩長同盟に署名することはできなかった。

 そんな中、龍馬襲撃事件が1月23日に起こった。このとき、龍馬は命からがら伏見の薩摩藩邸に逃げ込んだ。すぐにこれを知った西郷は激高して自ら伏見に向かおうとしたが配下に止められ、龍馬を警護するよう指示したのだった。

 龍馬を助けたことで、薩摩藩は幕府と敵対した形になった。西郷はこの事態に、薩長同盟で地元を説き伏せるしかないと腹をくくったはずである。この一連の出来事は京都で大騒動となり、「薩長はデキている」が「天下公然の秘密」となった。

 龍馬ははからずも自分の思惑通りに事が運び上機嫌。西郷は「もう起こってしまったことはしょうがない。このことを諸藩はみな知っている」と、地元を説得する材料ができた。だから皆で「大笑い」したのである。

 西郷が龍馬を積極的に庇護したのは、大切な友人である龍馬を見殺しにすることはどうしてもできなかったからだと思う。そこに激情型でありながら「義」と「情」に厚い西郷の人柄が見て取れる。

 そんな西郷が龍馬暗殺の黒幕だとする説があるのを御存じだろうか。「龍馬が、大政奉還後の新政府の長として徳川慶喜を据えようとしている」と考えた薩摩藩が、意にそぐわない動きをする龍馬を抹殺したというのだ。しかし私は、これほど固い絆で結ばれた二人にはあり得ない話だと考える。

 歴史を見る行為には、その人の出身地や価値観が投影されやすいものだ。西郷や龍馬の生き方から、現代に必要なエッセンスを“主観的に”読み取り、自分の生き方に反映させていく。それこそが歴史を読み解く最大の面白さではなかろうか。

【PROFILE】宮川禎一●1959年大分県生まれ。京都大学大学院修了。1995年より京都国立博物館考古室員。2012年より同館学芸部企画室長、上席研究員。専攻は東アジアの考古学。坂本龍馬に詳しく『坂本龍馬からの手紙』(教育評論社刊)などの著書がある。  

※SAPIO2017年10月号