レアル、完封負けで世界記録更新ならず…連続得点は73試合でストップ

写真拡大

 リーガ・エスパニョーラ第5節が20日に行われ、レアル・マドリードとベティスが対戦した。

 レアルはマルセロが出場停止明け。スペイン・スーパーカップで主審を小突き、5試合の出場停止処分を下されていたクリスティアーノ・ロナウドが今シーズンリーグ戦初先発となった。前線はロナウド、ギャレス・ベイル、イスコの3人が並ぶ。
 
 互いに一進一退の攻防が続く中、前半最大の決定機は42分。ルカ・モドリッチのスルーパスにイスコが反応する。イスコが左足を振り抜くが、GKアントニオ・アダンが至近距離でビッグセーブ。前半はスコアレスで折り返す。

 後半開始からレアルが攻め続けるも、なかなかゴールネットを揺らすことができない。67分にはイスコに代えてマルコ・アセンシオがピッチに立つ。さらにボルハ・マジョラルとルーカス・バスケスも投入し、得点を狙いに行く。73分には右サイドからのクロスにベイルがヒールで合わせるも、GKの好セーブとポストに弾かれた。

 すると後半アディショナルタイム、ベティスが前掛かりになったレアルの隙を突く。アントニオ・バラガンのクロスにアントニオ・サナブリアが頭で合わせて、ベティスがついに均衡を破る。

 試合は0−1で終了。レアル・マドリードは2016年4月30日に開催されたレアル・ソシエダ戦から公式戦73試合連続得点を記録し、サントスが持つ世界記録に並んでいたが、54年ぶりの記録更新とはならなかった。

 次節、レアル・マドリードはアウェイでアラベスと、ベティスはホームでレバンテと対戦する。

【スコア】
レアル・マドリード 0−1 ベティス

【得点者】
0−1 90+4分 アントニオ・サナブリア(ベティス)