5分間で3ゴールのナポリがラツィオとの無敗対決を制して開幕5連勝《セリエA》

写真拡大

▽セリエA第5節、ラツィオvsナポリが20日に行われ、1-4でナポリが逆転勝利した。

▽3日前に行われた前節ジェノア戦を絶好調インモービレのドッピエッタの活躍で3-2と競り勝って3勝1分けと好スタートを切ったラツィオは、ジェノア戦のスタメンからムルジャに代えてパローロのみを変更した。

▽一方、昇格組ベネヴェントをメルテンスのハットトリックなどで6-0と圧勝したナポリは、開幕4連勝とした。そのナポリはベネヴェント戦のスタメンからヒサイに代えてアルビオルのみを変更した。

▽ラツィオが仕掛ける入りとなった中、15分にスルーパスを引き出したインモービレがボックス左に侵入。GKレイナに倒されるもノーファウルの判定が下った。

▽前半半ば以降はナポリが盛り返すと、26分にはインシーニェが右クロスに合わせてGKストラコシャを強襲した。

▽それでも29分、ラツィオが先制する。CKの流れからボックス右のインモービレのクロスをデ・フライがボレーで蹴り込んだ。

▽追うナポリは前半終盤の44分に決定機。インシーニェのフィードに反応したカジェホンが裏に抜け出してゴールエリア左からシュート。しかし、GKストラコシャのファインセーブに阻まれた。

▽それでも迎えた後半の54分、グラムの右CKからファーサイドのアルビオルがボレーで合わせると、シュートはGKストラコシャのファインセーブに再び阻まれるも、ルーズボールをクリバリが押し込んで試合を振り出しに戻した。

▽勢い付くナポリは56分、一気に逆転する。縦パスを受けたハムシクのダイレクトパスをボックス中央のカジェホンが丁寧にゴールへ蹴り込んだ。さらに59分、メルテンスがロングフィードに抜け出してボックス左に侵入。GKストラコシャが飛び出してルーズとなったクリアボールをメルテンスががら空きとなったゴールにすかさず流し込んで3点目を奪い切った。

▽勝負を決定付けたナポリは追加タイムにジエリンスキが得たPKをジョルジーニョが決めて4-1で勝利。鮮やかな逆転勝利で開幕5連勝を飾っている。