【詳細】他の写真はこちら

そうそう、この形こそポラロイドのインスタントカメラですよね。

俗に「ポラロイドカメラ」と呼ばれることがあるくらい、かつてはインスタントカメラといえばポラロイド製品が定番でした。そんなポラロイドの知財を引き継いだポラロイド・オリジナルスから、同ブランドとしてはひさ〜しぶりの新製品となるインスタントカメラ『OneStep 2』が発表されましたよ。価格は99.99ドル(およそ1万1000円強)で、北米、および英国と欧州の公式Webサイト上では現在予約を受付中。2017年10月16日の発売が予定されています。本体色はホワイトとグラファイトの2色展開だそう。

撮影したらプリント! 変わらないスタイルがここにある





かつてポラロイドが販売していた定番インスタントカメラ『OneStep』のスタイルを見事に継承した『OneStep 2』。フラッシュは本体に内蔵され、若干コンパクトにこそなりましたが、ボタンを押せばプリントされた写真が前面からベロっと排出されるわかりやすさは健在。子どもが使ったとしても迷うことなく使いこなせるでしょう。

撮影性能にもこだわっています





本体には高品質とされるレンズを搭載。レンズの焦点距離は106mmで、ピント位置は約60cmから無限大までとのこと。レンズの隣にはパワフルなフラッシュを備えています。さらにセルフタイマーでの撮影もできるので、机の上にポンと置いて2人でセルフィー、なんて楽しみ方もできそうです。



本体はバッテリー駆動式で、1100mAhの内蔵バッテリーにより60日間もの駆動が可能なのだそう。充電はUSBケーブル経由で行うそうです。

白黒でもカラーでも





利用できるフィルムは「i-Type Film」と「600 Film」。どちらもカラーフィルムだけでなく、レトロな白黒フィルムも用意されています。

現在は市場に多くのインスタントカメラが登場していますが、まさにその始祖ともいえるポラロイドブランドの製品が発表されたことで、今後もインスタントカメラ市場がますます盛り上がっていきそうですね。

文/塚本直樹

関連サイト



Polaroid Originals(Polaroid Originals US)(英語)